日常の出来事、興味を持っていることについて書いています

冷凍ガニは活けガニと比べると不味い…という思い込みは間違いかも



カニは漁獲されてから時間が経てば経つほど、味が落ちます。

生鮮食品はなんでもそうかもしれませんが、特にカニは鮮度が落ちやすいんですよね。 まさにカニはとれたてが一番、新鮮であればあるほど美味しい食べものだといえるでしょう。

そこでふと思い浮かぶのが、カニ通販で販売されている冷凍ガニ。

冷凍ガニは漁獲されてからそれなりに時間が経っていることがほとんどであるため、 活けガニに比べると味が落ちるといわれることがあるのですが、実際に活けガニの方が美味しいのかというと、必ずしもそうとは言えません。

場合によっては、活けガニより冷凍ガニのほうが美味しいこともあるんですよね…。





活けガニだから美味しいとは限らない その理由について



活けガニとは生きたカニのこと。
カニは鮮度が命ですから、食べる直前まで生きている活けガニは、カニとしては最高に美味しいもののはず。

…なのですが、実際にはそうだとは限りません。



漁獲直後のカニをすぐにさばいて食べるのなら、間違いなく美味しいでしょう。 一度鮮度の高いカニを食べると、普通に売られているカニでは満足できなくなるといわれます。

ただ、活けガニ=漁獲直後のカニであるかというと、実はそうではありません。

漁獲されてから出荷、または調理されるまで、人口の水槽でろくに餌も与えられずに生かされているカニもおり、 そういったカニはエネルギー不足やストレスで身が痩せてしまっていることも少なくはないのです。

そのようなカニでも一応生きてはいますから「活けガニ」と呼べるのだとは思いますが、 痩せ細ったカニが果たして美味しいのでしょうか?

鮮度が良いのは間違いありませんが、 普通に考えて、カニらしいプリプリとした身は楽しめない可能性が高いでしょう。

貧相なカニを食べるくらいなら、鮮度良い状態で冷凍されたカニを食べる方が美味しいという声もあったりします。





通販などで手に入る活けガニは美味しい?



一般的には活けガニは、漁港の近くに住んでいないとお目にかかれませんし、なかなか口にも入りません。

ただそれほど遠方にお住まいではない場合は、通販で購入することが可能です。

自分でカニをさばくことができるのなら、活けガニを買って自宅でカニのお刺身を楽しむのも悪くはないかもしれません。



ただ、そもそも活けガニはあまり通販では扱われていないこと、また出荷した時点では生きていたとしても配送中に死んでしまう可能性もあります。

普通はクール状態で2日程度は生きているそうですが、もともと出荷された時点で体力が失われているようなカニの場合、 到着するまで持つかどうかが定かではありません。

生きていたとしても届いたらすぐに食べる必要がありますし、 もし死んだカニが届いた場合、お刺身で食べるのはやめておいた方が無難です。

もしあなたが漁港の近くなどに住んでおり、活けガニが手に入りやすいというのならばともかく、 通販でしか入手できないのなら、最初から冷凍ガニを購入した方が融通がききますし、安全です。

新鮮なカニのお刺身を食べたい…なんて方もいると思いますが、今はゆでガニや加熱用の生ガニだけではなく、 お刺身用の冷凍カニも通販で手に入れることができますので、活きガニを買わなくとも生ガニを楽しむことはできます。





活けガニでなく冷凍ガニでもお刺身は食べられる

お刺身は鮮度が大切ですから、お店などにいかなくては中々食べる機会がないと思い込んでいる人は多いですが、 お刺身用として販売されている冷凍ガニであれば、美味しいカニ蟹のお刺身が自宅でも食べられるんです。

そんなお刺身用の冷凍ガニをお探しの方に、おすすめなのがカニ本舗の冷凍ガニ。



カニ本舗では、以前はお刺身用のカニは扱っていなかったのですが、 ユーザーの要望に応える形でお刺身用のカニを入荷するようになりました。

刺身はもちろん、カニしゃぶや焼きガニなど、様々な料理で楽しむことができる冷凍ガニです。

殻むき済みだから殻をむく手間もなく、ボリュームあるカニ肉をたっぷりほおばって食べることができます。 口の中でとろける、甘味あるカニの旨味がたまらないと好評です。

ギフトにもおすすめ。


なお、冷凍ガニをお刺身で食べる場合は、必ず「刺身用」の記載がある商品を選んで下さい。

なかには冷凍生ガニをお刺身にして食べると良いのでは?と思われる方もおられるもしれません。 生ガニは刺身用よりも手に入りやすいですし、お値段も若干安いことが多いです。

しかし、商品に「お刺身用」「生で食べてもOK」といった記載がない場合は、生では食ベるのはNG。

ちゃんとしたお店で売られている生ガニなら新鮮であると想像できますが、 刺身用以外の冷凍ガニは、基本的に加熱して食べることを想定して作られてます。

生で食べたからといって必ずしもお腹を壊してしまうとは限りませんが、食中毒の心配があるため、 刺身で食べる場合は「お刺身用」を選びましょう。





冷凍ガニは活けガニに比べて味が落ちていると聞くけど、実際は?

カニの味は鮮度が決めてだと述べましたが、では漁獲されてから時間が経ってしまっている冷凍ガニは味が落ちているのでしょうか?



カニの味にこだわりがあるカニ通販サイトの冷凍ガニは、ほとんどがおいしい時期に水揚げされたカニを、 その直後に船の上や浜でゆがき、時間をおかずに業務用の冷凍庫で瞬間冷凍しています。

そうすることで、水揚げした後のカニの旨味や鮮度を長く保つことができるのです。

そういったカニはたとえ冷凍ガニであっても、太って身がたっぷりと詰まっていますし、ジューシーな旨味も抜けていません。

漁獲直後に食べるカニほどの美味しさではないかもしれませんが、それに近いおいしさを保てていると考えてよいでしょう。



一方で、活けガニとして売るつもりでしばらく生かされていたカニが売れず、 最終的に冷凍ガニとなってしまった場合や、茹でてから時間が経ったカニを冷凍したような場合は、味が落ちている可能性が高いです。

また冷凍してから1年以上が経過したカニも、味が落ちてきています。

最近は冷凍技術が発達しているため、高性能な業務用の冷凍庫であれば賞味期限は最大3年程度まで伸ばせますが、 食べられはするものの、長期冷凍された冷凍ガニは正直言っておいしくありません。

そのような管理の悪い、もしくは古い冷凍ガニしか食べたことがない場合だと、冷凍ガニ=まずいとなるでしょう。

主には以下のようなイメージです。


【美味しいカニとは】
獲れたての活きガニ > 新鮮な冷凍ガニ > 管理の悪い活きガニ > 管理の悪い冷凍ガニ

漁港の近くにある店舗や市場などで手に入る活けガニに関しては、冷凍ガニよりも美味しい可能性が高いですが、 そうではない活きガニの場合、美味しいかどうかは運だといえるかもしれません。

場合によっては、冷凍ガニの方が美味しいこともあります。





結局、活けガニも冷凍ガニも美味しいかどうかは管理の仕方による



活けガニであっても冷凍ガニであっても、管理の仕方によっておいしい場合もありますし、味が落ちてしまう場合もあります。

管理が良いのなら確実に活けガニが美味しいのですが、住んでいる地域によっては、鮮度の高い活けガニを手に入れること自体が難しいかもしれません。

ただ、最近は冷凍ガニでも美味しいものが増えており、 無理に活きガニを手に入れなくてもさまざまな状態のカニを楽しめるようになりました。

ハズレにさえ当たらなければ、カニ好きでも冷凍ガニで十分に満足できるはずです。



冷凍ガニを買う場合の失敗しないコツは、お店が良心的そうかどうか、管理にこだわったカニを扱っているか、 またユーザーによる悪評価が多すぎないかどうかを確認することです。

冷凍カニをイベント時に買うユーザーは、美味しければ翌年も同じところを利用することが多いため、 リピーターが多そうかどうかというのも良いお店を見分ける目安となります。

参考にしてみてください。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連する記事







サイト概要

Copyright © 2012- Dialog. All Rights Reserved.
Designed by ykr414.