日常の出来事、興味を持っていることについて書いています

関西旅行!今回は大阪淀屋橋の「相鉄フレッサイン」に宿泊 ホテルについて詳しくご紹介します

ちょっと古い話になりますが、2018年の秋頃に関西へ帰省していました。

地元なので旅行という感じがせず、記事にしようと思いつつも後まわしになっていたのですが、 せっかく写真を撮ったのに全く記事にしないというのもなんなので、宿泊したホテルについて書いておこうと思います。



私と連れは大抵、関西帰省時には難波や梅田付近のホテルに宿泊していますが、実は移動を考えるとあまり便利な場所ではないのですよね。

場所自体は便利なのですけれど、自分たちの行動範囲にあった場所ではないのです。

なので今回は場所を変え、大阪淀屋橋にある「相鉄フレッサイン」というオープンしてまもないホテルに宿泊しました。

「相鉄フレッサイン」はビジネスよりのホテルで、標準的なルームはあまり広くはありませんが、 最近のビジネスホテルにみられるように設備やサービスが充実していて快適であること、それでいてシティホテルに比べるとリーズナブルなのですよね。

というわけで以下、写真とともにご紹介します。





相鉄フレッサインとは?

「相鉄フレッサイン」は大阪をはじめ、東京や神奈川、京都などさまざまな場所で展開するビジネスホテルチェーン。

ビジネスホテルとはいっても従来からあるビジネスとはやや異なり、 施設やサービスが充実しているため、ビジネスだけではなく観光客の利用も多いのだとか。

最近、このタイプのビジネスホテルって増えていますよね。

今回私が宿泊した淀屋橋のホテルも、2018年4月にオープンしたばかりとのことで、 新しいというところが気に入って宿泊を決めたのでした。



グレードが高めのホテルでも、建物が古いとどうしても設備や水回りなどに古さを感じてしまうことが多いです。

特に水回りが古いと、性格的にリラックスできなくて疲れてしまうんですよね。

なので最近はホテルの名前や部屋の広さなどにこだわらず、できるだけ新しいホテルを選ぶようにしているのですが、 当然ながらあらゆる設備が新しいために快適です。

大阪淀屋橋の相鉄フレッサインもやや狭くはあったものの、きれいで快適に過ごせました。





淀屋橋の相鉄フレッサインを写真で紹介

実際のホテルの外観や客室を、写真とともにご紹介します。

スマートフォンによる写真撮影できれいに撮れていないところもあるのですが、その点はご容赦ください。



まずはホテルの外観から。



こちらは昼間に撮った淀屋橋の相鉄フレッサインの写真なのですが、見た目全然ホテルっぽくありません。

オフィス街の中に建っているのですが、完全にまわりのオフィスビルと同化しているというか、 とにかくホテルらしさが感じられません。

ただ、建物自体は新しいのでとても綺麗ですし、御堂筋線の淀屋橋駅から近く便利です。




夜に撮った写真はこちら。



やはりホテルっぽく見えません。
マンションみたいですね。




なんて具合に外観は簡素ですが、ホテルのロビーの内装はホテルらしいというか、とてもきれいです。



広々としていて、ゆっくりしたくなる感じ。
ウェルカムドリンクが提供されており、コーヒーなどの飲み物を飲めるようになっていました。






1Fロビーにフリーアメニティが設置されているので、必要な場合は部屋に上がる前に持っていきます。

ひととおりのアイテムが揃っており、化粧品や衛生用品の内容にこだわりがないのなら、自宅から何も持参しなくても良さそうなくらいです。





そして部屋。
この時には、120cm幅のベッドが2つあるツインルームに宿泊しました。



16平米とあったのでものすごく狭いことを覚悟していましたが、狭くはあったものの、身動きがとりにくい程ではありません。





さすがに机は狭いですね。
といってもパソコン作業ができるくらいの余裕はあります。

テレビをはじめ、Wi-Fiや空気清浄機、冷蔵庫やポットなど、一般的なホテルにあると思われる家電や設備もひととおりそろっています。

ちなみにホテルにはインターネットコーナーなるものがあり、そこで旅の情報を調べることも可能です。





ベッドは140㎝幅のタイプもあるみたいですが、120㎝でも十分な面積です。




そしてバスルームやトイレ。




ビジネスホテルによくある、標準的なタイプのトイレとバスルームです。スペースに余裕はありませんが、新しく綺麗なところが良かったです。

ただトイレまわりのスぺースがやや狭く、ちょっと動くと横の壁に体がぶつかりそうなところが気になりました。

トイレとバスルームが別になったセパレートタイプの部屋もあるので、狭いバスルームやトイレが嫌な方はそちらを選ぶと良いかもしれません。

ただし、やや料金は高めになるようです。





朝食は、ホテル内に併設されている「かっぽうぎ」というお店で食べることができます。 朝食付きのプランを予約するほか、予約していなくても有料で食べられるようです。



1人1000円のビュッフェです。

関西へ来た時にはいつも食べすぎ気味になるため、今回は利用しませんでしたが、朝ごはんをしっかり食べたい方は利用すると良いと思います。





相鉄フレッサイン 良いと感じた点

相鉄フレッサインのサービスの特徴や、 今回大阪淀屋橋にある相鉄フレッサインに宿泊して、良いと感じた点についてまとめてみました。

同じグループであっても、ホテルによってサービス内容には若干の差がある可能性があるため、 詳しくはホテルのページにてご確認ください。



シーリー社製のベッドを全室に導入



私は神経質なところがあって、寝具の寝心地が変わるととても疲れます。
例えば普段使っているベッドよりも柔らかすぎる、もしくは硬すぎたり、マットレスが薄すぎても疲れてしまうのですよね。

ベッドのマットレスって、その種類によって大きく寝心地が変わるんです。

その点相鉄フレッサインでは、世界の3大ベッドメーカーのひとつともいわれ、 世界の一流高級ホテルにも導入されている「シーリー社製」のベッドが全室に導入されているため、 寝具にこだわりがある方でも寝やすいはずです。

実際、体にフィットして寝やすかったです。枕はいまいちでしたが…。




アメニティが充実している

最近のビジネスホテルでよく見かけますが、無料のアメニティが充実しています。

客室にはアメニティが用意されておらず、 フロント近くにあるアメニティ置場より好きなものを持っていくというスタイルです。

無駄がなくてよいですよね。



アメニティの種類は化粧水や乳液、メイク落としなどの化粧品類にはじまり、 かみそりやシャワーキャップ、入浴剤、紅茶のティーバッグなどなど、 宿泊時に必要なもの、あると便利だと思われるものが数多く用意されていました。(歯ブラシは客室だったと思います)

肌につけるものにこだわりがないのなら、それらのアイテムをわざわざ自宅から持っていかなくても済みそうですよね。

まあ、私自身はいつも自分用のを持っていくのですが、連れはいつも無料のアメニティを利用しています。




パジャマがセパレートタイプ

人によってはどうでも良いことかもしれませんが、用意されているパジャマがセパレートです。



ホテルの中には、パジャマはロングタイプのブラウス1枚だけというところもありますが、 私はあれ、とても苦手なんですよね。

素材に関しても、つるっとした感じの生地が使われたパジャマはダメですね…。

なので自分のパジャマを持っていくことが多いのですが、淀屋橋の相鉄フレッサインではセパレートであるだけでなく、 肌触りの良いワッフル素材のパジャマが用意されているため、着用していても違和感がありません。

まあ、先では変更となる可能性があるかもしれませんが、 今のところは公式ページにも「パジャマはセパレートで、肌触りの良いワッフル素材」と記載があり、 違うものが用意されることはないと思います。




全室禁煙

喫煙される方にはイマイチに感じられるかもしれませんが、淀屋橋の相鉄フレッサインは客室は全室禁煙です。



一切喫煙しない私にとっては、たばこは煙だけではなく部屋に染みついた特有の臭いも苦手なんですよね。

なのでホテルへ宿泊する場合は、必ず禁煙の部屋をお願いしていますが、 予約時期によっては禁煙の部屋に空きがない場合もあります。

そういった点で、全室禁煙であるのはありがたいです。




全館浄水システムを導入している

淀屋橋の相鉄フレッサインでは、「良水工房」と呼ばれる浄水システムを設置することで客室をはじめ、 ホテル内のすべての水に浄水を使用しています。



最近増えている、セントラル浄水器と呼ばれるタイプのシステムですね。

キッチンに浄水器を付けているご家庭は少なくないと思いますが、 セントラル浄水器はその建物中の水をすべて浄水に変えます。

浄水システムによって残留塩素や化学物質を低減できるため、飲み水としてはもちろんですが、 シャワーの水も浄水に変わるため、肌が敏感な人にも嬉しいシステムです。




宿泊費用が比較的リーズナブル

今回の相鉄フレッサイン、設備が充実している割に宿泊費用はお手頃だと感じました。



同じ相鉄フレッサインのグループでも、立地が変われば宿泊費用も変わること、 また客室のグレードによっても費用が変わるために一概に安いとはいえませんが、 ビジネスホテルであるためか全体的にリーズナブルであるように感じます。

特に今回の淀屋橋のホテルはオープンしたばかりで新しく、 きれいという点でお得感がありましたね。

東京の一部の地域にある相鉄フレッサインは、やや価格が高めな場合もあるようですが、 そういったところにあるホテルのお値段が高いのはフレッサインに限ったことではなく、土地柄だといえるでしょう。





イマイチだった点は?

総合的には満足していますが、イマイチだと感じた点もあります。



やや壁やドアが薄いと感じる

同じようなビジネスホテルにありがちですが、壁やドアがやや薄いように感じます。

特に廊下の声が聞こえやすく、遅い時間に帰ってきた観光客の話し声が気になりました。 シティホテルなどでも外部の音が聞こえるところはありますが、それとはまた音の響き方がちょっと違うかなという感じ。

今回はちょっと気になる程度でしたが、 もし自室の近くにマナーの悪い客が宿泊していた場合、ストレスがたまることもあるかもしれません。




トイレが狭かった

今回私が宿泊したのは、トイレ一体型のユニットバスがある部屋でしたが、 トイレのスペースがかなり狭かったところが気になりました。

まあ、ビジネスホテルのユニットバスはそんなものかもしれませんが、 個人的には狭いユニットバスは苦手です。

相鉄フレッサインでは、バスルームとトイレがセパレートタイプ(別)の客室もあるようなので、 一体型が苦手な場合はセパレートタイプを選ぶという手もあります。

ただしグレードが高めの部屋になるため、価格は上がる可能性があります。





「楽天スーパーDEAL」対象の宿泊プランでお得に予約できるかも

楽天スーパーDEALと呼ばれる、楽天が提供するポイントサービスをご存知でしょうか。

楽天トラベルで提供されている「楽天スーパーDEAL対象の宿泊プラン」を予約・利用すると、 宿泊費用の30~40%が楽天スーパーポイントで戻ってくるという非常にお得なサービスです。

その楽天スーパーDEALの対象となる宿泊プランが、 各地の相鉄フレッサインにて数多く提供されています。



あくまでも、楽天スーパーDEALの対象となる宿泊プランが提供されているのは現時点のことであり、 ひょっとすると提供されなくなる可能性もあるかもしれませんが、 相鉄フレッサインに宿泊する予定があるのなら、楽天スーパーDEALの宿泊プランをチェックしてみる価値はあるでしょう。

30%~40%のポイントバックって、とてもお得ですよ。

ただし、お得なプランはすぐになくなりますので、全国の相鉄フレッサインに宿泊する予定があるのなら早めに予約しましょう。





また利用したいと思えるホテルだった

以上、相鉄フレッサインについて個人的な感想を簡単に述べさせていただきました。

狭いなりに気になる点はあるものの、設備が新しく、また価格が比較的リーズナブルだというところで満足度は高いです。

古いホテルが苦手な方に向いていることはもちろん、駅近でビジネス利用に便利なホテルをお探しの方にもおすすめです。

楽天DEAL対象のプランが提供されていることがあるため、宿泊予定の方はまずそちらをチェックしてみましょう。

対象プランを予約できればラッキーです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連する記事







サイト概要

Copyright © 2012- Dialog. All Rights Reserved.
Designed by ykr414.