日常の出来事、興味を持っていることについて書いています

尿素入り化粧品の長期使用がおすすめできない理由

尿素ってご存知でしょうか?

古くからさまざまなものに活用されている成分ですが、多くの方にとって一番身近なのは、化粧品に保湿成分として配合されている尿素ではないかと思います。



尿素には肌を保湿する作用があるため、化粧水をはじめクリームなどに良く配合されています。

価格が安い割にしっかりと保湿できるという理由から、保湿成分としてはそこそこ人気がありますが、実はこの尿素、使い方によっては肌に大きな負担となる場合があります。

まあ上手く使えば悪いものではありませんが、例えば乾燥肌や敏感肌の方にはあまりおすすめできない成分ですし、 私自身も使おうとは思いません。

今回はそんな尿素の特徴と、乾燥肌におすすめできない理由について解説します。






尿素っていったい何?

名前からもなんとなく想像できるとおり、尿素とは人の血液や尿の中に含まれる成分です。



…というとあまりいい気持ちはしませんが、尿中に含まれていることに由来して、 尿素と呼ばれるようになったといわれています。

もともと人の肌の角質層内には、天然保湿因子(NMF)と呼ばれる保湿成分が存在しますが、 その中にも保湿の役割を果たす成分として、尿素が数パーセント含まれていることがわかっているのだそうです。

ある意味、人の肌とはなじみ深い成分だといえますね。

刺激性も低く、またアレルギーの報告などもないとされており、化粧品の成分としては安全性は高いほうだといえるでしょう。



ちなみに補足しておくと、化粧品などに配合されている尿素は、アンモニアと二酸化炭素を化学合成することによって得られた工業的な成分です。

化粧品だけではなく肥料や医薬品など、さまざまなところで活用されており、知らない間にお世話になっていることもあるかもしれません。





尿素入りの化粧品がなぜ人気なのか

尿素は化粧水をはじめ、ハンドクリームなどさまざまなスキンケアアイテムに使用されています。

最近は昔ほどは尿素配合の化粧品を見かけなくなったものの、根強いファンがいます。 試しに使ってみてとても気に入ったから使い続けている…なんて方が多いのですよね。

なぜ、尿素入りの化粧品が人気なのでしょうか?



尿素には肌の角質を柔らかくし、ゴワゴワを改善する働きが期待できる



尿素には、肌の角質を柔らかくして水分を保つ作用があります。

肌が荒れてしまったとき、また乾燥が続いたあとに、肌がゴワゴワして硬くなってしまうことってありますよね?

肌がゴワゴワになるのはターンオーバーのサイクルの乱れによる影響ですが、 一旦肌がゴワゴワになると化粧水を塗ってもなかなか浸透してくれませんし、 見た目にもきれいではありません。ニキビのような肌トラブルも起こりやすくなります。

尿素にはそんなゴワゴワとした角質を柔軟にし、水分が入り込みやすい状態を作る働きがあります。しかも、即効性が期待できるんですよね。

他の保湿成分に比べて肌が柔らかくなる実感が得られやすいことが、 尿素入り化粧品の人気の秘訣だといっても良いでしょう。

特に肌のゴワゴワに悩む方にはおすすめです。




なんといっても価格が安い



先に述べたように、他の保湿成分と比較して肌への効果を実感しやすいのにもかかわらず、 尿素配合の化粧品って安価なんですよね。

尿素という成分自体が安価であることが、低価格の一番の理由ですが、 他にも尿素入り化粧品ってシンプルな成分の製品が多く、価格を上げる要素がありません。

安価で効果が得られやすいのは、化粧品のコスパを重視する方には魅力が大きいはずです。





尿素にはちょっと怖いデメリットも

良いことづくめのように思える尿素。
実際、尿素入りの化粧品に関する口コミをチェックしてみると、「肌が柔らかくなる」「うるおう」なんて具合に、圧倒的に良い評価が多いです。

ただ、尿素入りの化粧品って使い方を間違えたり、使う人の肌質によっては、肌トラブルを起こす原因にもなりかねないんですよね。

以下をご覧ください。



尿素を使い続けることで肌のターンオーバーを早める恐れがある



尿素によって角質が柔らかくなるのは、実は尿素が持つ角質を溶かす作用によるものです。

角質層のケラチンを溶かすことによってタンパク質の結合をゆるめ、 水分が浸透しやすい柔軟な状態を作りだしているんです。

角質が厚くなってゴワついた肌が柔らかくなるのは、そのおかげです。



ゴワゴワ肌にはとても良さそうな作用を持つ成分なのですが、 例えば正常な肌に尿素入りの化粧品を塗布した場合でも、同じように角質が溶ける作用が働きます。

厚くなった角質は肌にとっては余分なものであるため、そのような作用が働いても支障はありません。

しかし、正常な状態の肌の角質を取りのぞくことは、 肌の生まれ変わり…いわゆるターンオーバーのサイクルを早めることにつながります。

角質を溶かすことで、一時的に肌が柔らかくきれいになった気はするかもしれませんが、 ターンオーバーのサイクルが早まることで未熟な細胞が表面に出てくるようになると、 バリア機能が低下してさまざまな肌トラブルが起きやすくなってしまうんです。



尿素入りの化粧品は、角質が厚くなった方、また肌が丈夫な方がたまに使う分には悪くないかもしれません。

しかし長く使い続けたり、もともと乾燥肌や敏感肌の方、また肌質が変化しやすい年齢肌への利用は、注意が必要なものだといえるでしょう。





尿素入り化粧品の正しい使い方



角質肥厚(角質が厚くなる)がみられない正常な肌、また乾燥肌や敏感肌には、尿素入り化粧品の使用はおすすめしません。

一方でゴワゴワが気になりはじめた肌には、尿素入り化粧品の利用は効果的です。



もし、肌に尿素入り化粧品を利用する場合は、角質が厚くなっている部分のみに塗布するようにしてください。

顔に尿素入り化粧品を利用する場合も、顔全体に塗布するのではなく、ゴワつきが気になる部分にのみに塗るようにします。

目のまわりや口のまわりは皮膚が薄いため、尿素入り化粧品の利用はおすすめしません。

あといずれの部位に使用する場合も長期間使い続けるのではなく、肌の状態をみながら最長でも1カ月以内の利用に留めるようにします。

尿素化粧品によるケアを続けて肌がある程度柔らかくなったと感じたら、尿素以外の保湿成分を含む化粧品に切り替えましょう。

おすすめは、以下にあげたようなヒト型セラミド配合の化粧品です。


・ヒフミド(ヒフミドのレビュー

・ティモティア保水バリアクリーム(ティモティア保水バリアクリームのレビュー


ヒト型セラミドは、角質層にもともと存在する天然保湿因子と同じ働きをする保湿成分です。

そのような保湿力のある成分できちんと保湿を行っていくことで、再び角質がゴワついてしまうのを防ぐことができます。

しっかり保湿できるのであればセラミドでなくても構わないのですが、 保湿を追求して最終的に辿り着くのって、結局セラミドなんですよね。

上記製品には、セラミドの中でも特に保湿機能に優れたヒト型セラミドが使われています。
興味をお持ちの方は、是非チェックしてみてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連する記事







サイト概要

Copyright © 2012- Dialog. All Rights Reserved.
Designed by ykr414.