日常の出来事、興味を持っていることについて書いています

ビタミンC誘導体入りクリームの作り方 加熱不要のインスタント乳化ワックスを使用

ビタミンC誘導体を配合の保湿クリームを作ってみました。

今回は通常の乳化ワックスや蜜蝋(みつろう)ではなく、インスタント乳化ワックスを使って乳化させています。

通常(加熱するタイプ)の乳化ワックスを使ったクリームの作り方
蜜蝋を使ったクリームの作り方

蜜蝋や通常の乳化ワックスを使ったクリームは、どちらかというと重い使い心地になりやすいです。

保湿感重視の方にはそちらが向いていますが、 軽い使い心地が好みの方には、インスタント乳化ワックスを使ったクリームが向いています。

というわけで今回はインスタント乳化ワックスを使用し、ビタミンC誘導体入りのクリームを作ってみました。

以下、レシピと実際の製作時の様子です。

ビタミンC誘導体入り!マカダミアナッツクリームの材料

以下、ビタミンC誘導体入りのクリーム作りに必要な材料です。

【材料】
出来上がり量:約80g

・精製水 : 57g
マカダミアナッツオイル : 15g
インスタント乳化ワックス : 5g
脂溶性ビタミンC誘導体(粉末タイプ) : 3g

・ビーカー2つ(耐熱性でなくてOK)
・小さい泡だて器
・クリームを入れる容器

※利用する容器や器具は、すべてエタノールで消毒しておいてください。

今回は、粉末状のインスタント乳化ワックスを使用。

インスタント乳化ワックスは、通常の乳化ワックスのように加熱の必要がないため、ビタミンCのような熱に弱い素材をクリームに加えたい場合にとても便利なんです。

ただ、オイルを多く加えるとクリームが分離してしまう性質があるため、オイルの分量を全体量の10%以下に抑えなくてはなりません。

しかし10%だとクリームとしてはさっぱりしすぎであるため、今回は、全体量の20%くらいにまでオイルを配合しています。

分離する直前…という感じの仕上がりであるため、失敗したくない場合はオイルの量を8g~10gくらいにまで減らしてください。


もちろん上記以外のオイルを使ったり、他の素材を加えることもできます。
が、素材同士の相性には注意が必要です。

あと保存については、上記内容だと冷蔵庫保存で大体2週間くらいの消費期限です。もう少し長く持たせたい場合は、抗菌エキスACEのような防腐成分を加えると良いでしょう。


実際に利用する材料と器具を写真で確認

実際にクリーム作りに利用する材料や、器具を確認します。
なお容器や器具は、全て消毒用のエタノールで消毒しておいてください。

精製水。
薬局で100円前後で売っています。




マカダミアナッツオイル。
写真は500ml入りの大容量タイプです。

全身に使いたいので大容量を購入しましたが、これは沢山使う人向け。 一番小さい50mlでも結構持ちます。

酸化が気になるため、あまり量を使わない場合は小容量タイプを買うのがおすすめです。




インスタント乳化ワックス。
粉末状の乳化ワックスです。

少し特有のにおいがあります。




脂溶性ビタミンC誘導体。
脂溶性なので、オイルを使うクリーム作りなどに最適なビタミンC誘導体です。

ただ粉が素材になじみにくく、出来上がったクリームに小さい塊が残る場合があります。

ほんのちょっとであるため私は気にしていませんが、気になる方は液状の脂溶性ビタミンC誘導体を使うとよいでしょう。

ただし、液状の脂溶性ビタミンC誘導体はやや価格が高く、消費期限も粉末に比べると短め。その分、材料に混ざりやすく扱いが楽な面もあるため、好みで選ぶとよいでしょう。



インスタント乳化ワックスを使用したクリームの作り方を解説

実際に作っていきます。
まず、マカダミアナッツオイルにビタミンC誘導体を加え、溶かしてください。

あとからビタミンC誘導体の粉末を加えると、きれいに混ざりきらない可能性があるため、あらかじめオイルに溶かしておきます。

オイルにビタミンC誘導体を入れて混ぜると、白っぽくなります。
ところどころにビタミンC誘導体の粉末の小さな塊が残っていますが、全て溶かすのは大変。

なので私は、大体混ざったらOKとしています。



次にビーカーに精製水をいれ、さらにインスタント乳化ワックスを加えます。

インスタント乳化ワックスの量は、結構多いです。




ワックスを入れた精製水を、泡だて器でよくかき混ぜます。
モロモロとしたものがなくなり、完全にクリーム状になってしまうまで混ぜます。




混ざったら、先ほど用意したビタミンC誘導体入りオイルを加えます。

オイルの量は推奨量よりもかなり多め。
これ以上オイルを増やすと分離してしまうと思います。

オイルを加えたら、また良くかき混ぜてください。




こんな感じになりました。
分離する寸前という感じの仕上がりですが、何とか分離せずに完成しました。

なお、もし分離してしまった場合でも使えないことはありません。

ただし使用感が良くないのと、水分が出て成分にムラが出ると日持ちが悪くなる可能性があるため、できれば分離させずに作りたいところです。




オイルの量が多いので見た目はあんまり良くありませんが、ちゃんとクリーム状になっています。

オイルを直接塗るよりもさっぱりした使用感ですが、保湿されている感はちゃんとありますし、 ビタミンC誘導体入りなので、長く使い続けることでビタミンCならではの効果も期待できるかも?


以上、インスタント乳化ワックスを利用したクリーム作りでした。
コツさえつかめば簡単にできるため、興味をお持ちの方は挑戦してみてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連する記事







サイト概要

Copyright © 2012- Dialog. All Rights Reserved.
Designed by ykr414.