日常の出来事、興味を持っていることについて書いています

猫にサプリメントは必要?与えるならどんな時にどんな種類を選べばよい?



人間と同じように、栄養補助食品として猫用サプリメントが市販されているのを見たことがある人は多いと思います。

サプリメントは医薬品のように病気を治す目的ではなく、あくまで体質改善や栄養補助の目的で使われるものです。 薬のような画期的な効果がない反面、大きな副作用もないため、安全で長期的に服用できるようになっています。

しかし、猫にサプリメントなんて必要なのかと疑問に思う人も少なくないはず。

今回は猫へのサプリメントの必要性についてお話しするとともに、どんな時にどのようなサプリメントを選べばよいのかについてまとめてみました。





猫にサプリメントは必要?



基本的に、猫は総合栄養食と呼ばれるキャットフードと水だけで、成長や生きていくのに必要な栄養素を摂ることができます。

そのため、サプリメントで栄養素を摂取する必要はなく、必ずしも飲ませなくてはいけないものではありません。

しかし、病後で体力・免疫力が落ちている猫や、食欲が落ちたシニア猫は日々の食事だけで必要な栄養素を補いきるのが難しく、 そういった猫にとってはサプリメントは栄養摂取の有効な手段のひとつだといえるでしょう。

また、日々きちんと食べているけれど便秘がちである、偏食気味である、毛玉ができやすいなどの気になる症状がある場合には、 特定の成分を摂ることで改善される場合があります。



手作りのごはんやキャットフードで必要な栄養素をまかなうべき、サプリメントに頼るのは良くないという考えをお持ちの方もおられると思います。

ただ、そういったもので特定の栄養素をしっかり摂ろうと思うと、 食材にお金がかかったり、そもそも食事から満足できるだけの量を補うのが難しい成分もあります。

かえってサプリメントの方がコストを抑えられることも少なくありませんし、確実に目的の成分を摂取できるにもかかわらず、 手間がかからないというメリットもあるのですよね。

いわゆる猫にとってのサプリメントとは食事のオプションであるため、 絶対に与えなくてはならないものではありません。

ですが、食事だけでは栄養が不足してしまいがちな猫に与えたり、気になる症状がある場合に取りいれるのは悪くないのではないでしょうか。





猫用サプリメント どんな時にどんな成分を選べばよい?

総合栄養食を食べている猫なら、基本的なビタミンやミネラルなどの栄養素はきちんと摂れていることがほとんど。

なので猫用のサプリメントには栄養を補うというよりは、特定の症状に向くと思われる成分を配合したものが多く見られます。

例えば以下のような成分が、サプリメントには良く使われているようです。



毛玉排出をサポートする成分



猫にはつきものの、毛玉。

ここでいう毛玉は単に毛が絡まってできる毛玉ではなく、 猫が毛づくろいなどで飲みこんだ毛が胃でたまってできてしまう毛玉のことです。ヘアボールとも呼びますね。

通常はある程度の毛が猫の体内にたまっても、吐き戻すか便と一緒に出すことで毛玉を排出できるのですが、 中には毛玉を吐くのが下手だったり、便秘がちでなかなか排出できない子もいます。

そういった猫に向くのが、食物繊維を配合したサプリメントです。主には、セルロース(植物繊維の主成分)を配合したものが市販されています。

もちろん、いつものフードに食物繊維が豊富な食材を追加するのも良いですが、 手間をかけたくない人、また何を与えればよいのかが分からない場合にサプリメントは便利です。




お腹の調子をサポートする成分



乳酸菌やオリゴ糖など、お腹の調子を整えるのに役立つ成分も猫用サプリメントでは一般的です。

乳酸菌とは乳酸を作り出す菌の総称で、例えばラクチス菌やアシドフィルス菌、フェリカス菌など、 サプリメント毎にさまざまな菌が用いられています。

オリゴ糖は善玉菌のエサとなる、いわゆる「プレバイオティクス」に分類される成分で、善玉菌の数を増やす効果が期待できます。 乳酸菌サプリメントには、プレバイオティクスが同時配合されていることが多いです。

乳酸菌配合の猫用サプリメントには、例えば以下のようなものがあります。


1包2000億個ものフェリカス菌(EF-2001)を摂ることができる、動物用の乳酸菌サプリメント。 腸内環境を整えることで、下痢や便秘予防・改善が期待できます。





熱に強いペディオコッカス菌を使用したサプリメント。
胃の酸性環境にも強く、菌が生きたまま腸まで到達することが期待できます。



こういったサプリメントには整腸作用が期待できるため、下痢や便秘にお悩みの猫に向いています。 便秘がちで毛玉を上手く排出できない猫にもおすすめ。

腸内環境を良くすることは免疫力を高めるのにも役立つため、猫に与えている飼い主は多いです。




アレルギー症状がある猫向けの成分

乾燥肌や皮膚の炎症がある猫をはじめ、アレルギーの予防や対策のサポートとして「オメガ3脂肪酸」の摂取が良いといわれています。



オメガ3脂肪酸には、青魚に豊富に含まれるDHAやEPA、αリノレン酸などがあります。

オメガ3脂肪酸は食べものからでも摂取できますが、調理によって酸化しやすいこと、 また十分な量を摂取させるとなるとカロリーも摂りすぎてしまうため、以下のようなサプリメントでの摂取が効果的です。



なお、キャットフードの中にもオメガ3脂肪酸を配合した製品は存在しますが、 十分な量を摂れるわけではありません。

食事からある程度摂れており、猫が健康ならばあえてオメガ3脂肪酸を摂る必要はありませんが、 お肌が乾燥しやすかったり毛づやがあまりよくない子、またアレルギー予防や対策にはサプリメントがおすすめです。




肥満気味の猫に向く成分



肥満が気になる猫には、脂肪燃焼作用のあるL-カルニチンや、腸内環境を整えるグルコマンナンを配合したサプリメントがおすすめです。

L-カルニチンは体内でエネルギーを産生するために必要な成分であり、 赤みの肉や魚に多く含まれるほか体内でも合成されますが、加齢とともに体内での合成量は減少していきます。

L-カルニチンが不足すると、エネルギーをうまく作り出すことができず、 結果脂肪を溜めこみやすくなってしまいます。

また、グルコマンナンはコンニャク芋などに含まれる水溶性食物繊維で、 体内では消化できないため、便のかさを増やして腸内環境を整える働きが期待できます。

余分な脂肪分や糖分を吸着・排出する作用も期待できるため、肥満が気になる猫には良さそうな成分ですが、 摂りすぎには注意が必要です。




シニア猫におすすめの成分



猫にとって必須の栄養素とも言えるのがタウリン。
タウリンはアミノ酸の一種で、心臓・肝臓・目などの健康に関わる成分です。

体内で作り出すことができない成分であり、食事から補う必要がありますが、 特に消化吸収機能が十分ではない子猫やシニア猫の場合は、成猫に比べて吸収率が落ちてしまいます。

食事だけではなく、サプリメントを併用するなどして積極的に摂った方が良い成分です。

シニアになると免疫力が弱まって病気をしやすくなりますから、 カテキンやコエンザイムQ10などの抗酸化物質を含むサプリメントもおすすめです。





サプリメントの上手な飲ませ方について

薬同様、錠剤やカプセルを猫に飲ませるのは大変。
すんなり飲んでくれる子もいれば、嫌がって一切飲まない子もいます。

ここではサプリメントの飲ませ方のポイントについて見ていきましょう。



そのまま飲ませる



まずはそのまま飲ませる方法をご紹介します。
猫の性格によっては難しいかもしれません。

まず猫の顔を上に向け、口の横側をぐっと押さえながら指を少しだけ入れます。

すると自然に口が開くので、思い切って喉の奥にサプリメントを入れましょう。 手前すぎると吐き出してしまうので注意。

その後、針のない注射器などで口の脇から水を入れて飲ませます。 こうすることで、錠剤が食道に引っかかることを防ぐ効果があります。




フードに混ぜこんで飲ませる



そのまま飲ませるのが難しい場合は、サプリメントの錠剤を砕いたりカプセルを割ったりしてフードに混ぜこんでみてください。

混ぜるために利用するフードは少量でOKですが、できるだけ猫が好む嗜好性の高いウェットフードを使いましょう。

ただし、サプリの味が苦いとフードそのものを食べない可能性もあるため、 フードに混ぜる前に飼い主が味の有無を確認してください。食べてくれないと、サプリだけではなくフードも無駄になります。

なお、サプリメントの種類によっては混ぜることで効果が薄れるものもあります。 不安な場合は医師に相談してから使いましょう。




与えすぎはNG



当然ですがサプリメントは、飲めば飲むほど体に良いというものではありません。

むしろ摂りすぎは毒となる場合もあります。
摂取量によっては肝臓に負担がかかる恐れも。

特に猫は人間と比べて体が小さく、摂取したものの影響が体に大きく出やすいため、 明記された適正量を守って与えるようにしましょう。




人間用のサプリメントは与えない



ビオフェルミンなど、人間用と猫用で成分が同じサプリメントもあります。

しかし、濃度や含有量が違うことも考えられますし、そもそも人間と猫とでは体の大きさや重さが全く異なります。

また人間用サプリメントには添加物が使われているものも少なくありません。

添加物が使われているのは動物用サプリメントでも珍しくはありませんが、 人間用のサプリメントには味を整えるためにキシリトールのような成分を配合していることがあります。

キシリトールは、猫には肝機能障害を引き起こす可能性があるとされる成分です。

猫用のサプリメントならば、猫にとって害のある成分はまずは入っていませんが、 人間用のサプリメントに猫にNGとされる成分が使われていないという保証はありません。

猫の健康トラブルを避けるためにも、安易に人間用のサプリメントを与えるのは避けるべきでしょう。





最後に



サプリメントには薬のように病気を治す作用はありませんが、栄養補助や体質改善といった面では効果があります。

あくまでもキャットフードを主体としながら、足りない栄養を補う、気になる症状に応じて与えるという使い方をするのが良いでしょう。

あとキャットフードの中には、サプリメントに配合されているような成分を追加した製品も存在しますので、 サプリメントでわざわざ摂るのではなく、目的の成分が追加されたキャットフードを選ぶのもアリだと思います。

なお、動物を飼っている人の中には、人間用のサプリメントを与えている人もおられるようなのですが、 前述した理由(成分の配合量が多い、動物にはNGとされる成分が使われている可能性)により、おすすめできるものではありません。

人間のサプリを猫に与えている方は、それなりに栄養素や猫に対する知識があって、 さらに自己責任であるということを踏まえた上でそうしていらっしゃるのだと思います。

しかし少なくとも、他の人が与えていてなんともなさそうだからうちの子にも… なんて具合に、ペットに人間用のサプリメントを与えることを安易に決めるのはやめましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連する記事







サイト概要

Copyright © 2012- Dialog. All Rights Reserved.
Designed by ykr414.