日常の出来事、興味を持っていることについて書いています

はとバス!山梨さくらんぼ狩りとホテルマウント富士での絶景フレンチを楽しんできました

先日、久々にはとバスに乗って出かけてきました。



今回は、山梨のさくらんぼ狩りや、ホテルマウント富士でのフレンチを楽しめるというおいしそうな感じのツアーです。 さくらんぼ狩りのツアー、去年は逃してしまったので今年こそは行きたいと思っていたんですよね。

富士山方面は何度か出かけているので、その方面でのツアーとなると訪れる観光名所がかぶることも少なくはないのですが、今回のツアーで訪れる場所はすべて初めて。

というわけで以下、簡単にですが当日の様子を記録しておきたいと思います。






はとバスの旅 今回の行程は…

今回のバスツアーの行程は、以下のような感じです。



まずは忍野八海へ行き、そのあとホテルマウント富士と呼ばれるホテルでフレンチの昼食、 そして河口湖ハーブフェスティバルへいき、最後はさくらんぼ園に寄ってさくらんぼ狩りを楽しみます。

これだけをみると、せわしないスケジュールに思えるかもしれませんが、 はとバスツアーの中ではゆっくりしている方かも?

バスに乗っている時間がそこそこ長いので、間の時間にゆっくりできるんですよね。



ちなみに「はとバス」主催のツアー…ではあるのですが、今回は「富士急行」という会社のバスに乗って出発。東京以外の観光地へのバスツアーでは、他社のバスを利用することも少なくないのですよね。



これまで、はとバスツアーには何度も出かけていますが、他社のバスよりもはとバスに乗った回数のほうが少ないのではないでしょうか。

まあ、私は清潔感のあるバスであれば、なんでもよいのですけどね。





朝早かったので、コンビニで買ったサンドイッチで軽くご飯。



最近のコンビニのサンドイッチ、凝ったものが多くて結構好きだったりします。
といっても、たまにしか食べませんが。




しばらく走ったあと、談合坂のサービスエリアでトイレ休憩です。




ツバメが飛んでいました。
雨が降りそうだったからでしょうか?(そういわれますよね)




サービスエリア内のお店で、軽食を買ってからバスに戻りました。




田舎の豚まん…なんていう名前の豚まん。
思っていたよりもかなりサイズが大きく、連れと分けて食べました。





透明度の高さにびっくり 忍野八海を散策

まず最初は、忍野八海(おしのはっかい)へ。
忍野八海は富士山の伏流水を水源とする湧水池で、全8か所に泉があります。

名水百選に指定され、さらには富士山を構成する資産の一部として、世界文化遺産にも登録された湧水池なのだとか。




いかにも観光地、という感じのお店がたくさんありました。







残念なことに、雨がぽつぽつと降り始めてしまい。
せっかくの透明度の高い池の表面に、雨の波紋がたくさんできてしまっていました。

とはいっても、すぐ近くで見ると池の底のほうまでくっきりと見渡せるくらい、透明感があってとてもきれいな水です。

晴れていたらもっときれいだったろうなと思います。






ものすごく冷たい水です。







鯉のえさが売られていたので、1つ購入。






あっというまにパクパク食べてしまいます。





なぜか近くにいたカルガモまで、池に投げ入れた鯉の餌を食べていました。美味しいんだろうか…





全部で8つの池がありますが、すべては見られませんでした。








池の底の方をよくみると、水がわき出てきているのがわかるくらい、透明度が高いです。





ホテルマウント富士でフレンチの昼食

忍野八海を出たあとは、バスで「ホテルマウント富士」へ移動。

山の上の方にあるホテルで、ホテル内から富士山を望めるのだとか。
ここで、フレンチの昼食をとります。





ホテル内の「ザ・ガーデンカフェ」というレストランへ。






結構広くて、きれいなレストランです。
食事をしながら、外の風景を楽しめるはずなのですが、この日はあいにくの天気で何も見えませんでした。残念。






パンは、バケットとロールパン。





前菜はサーモンマリネのカルパッチョ 香草サラダ添え。
盛り付けがすごくきれいです。

ワインを頼んでいる人もいました。





これは本日のスープ。
桃の冷製スープなのだそうで、クリーミーで甘酸っぱいです。






肉料理は、信玄豚のロースト和風ソース。

信玄豚は、山梨のブランド豚です。
豚というより、ハムみたいな柔らかさでさっぱりしていておいしかったです。

ただ個人的には、こってり系の味付けのほうが好みかなあと思います。





そして季節のデザート。
デザートは、きなこと抹茶味のムースにバニラアイスでした。





食後のドリンク。
コーヒーか紅茶かを選べます。




全体的にあっさりとした料理でしたが、とてもおいしかったです。

こういうツアーの食事はバイキングなどよりも、やはりある程度メニューが決まっているものの方がハズレがなくてよいですね。


外の風景がよく見えなかったのが残念

しばらくホテル内でゆっくりしたあと、バスに乗って次の場所へ向かいます。





一面ラベンダー♪ 河口湖ハーブフェスティバルへ

ホテルを出た後は、河口湖ハーブフェスティバルへ。

河口湖ハーブフェスティバルは、毎年初夏に河口湖のそばで開催されるハーブのイベントで、ラベンダーをはじめとする色とりどりのハーブを楽しめるほか、食事やショッピングを楽しんだり、体験教室などにも参加することができます。






一面ラベンダーが咲いており、その香りが漂っていました。
景色を楽しむ場所なのに、雨が降っていたのが残念です。




せっかくなので、ラベンダーソフトクリームでも食べてみることに。




色はほんのりラベンダー色ですが、ラベンダーの香りはほとんどしなくて、普通に美味しいバニラのソフトクリームでした。

ラベンダーの香りとソフトクリームの味ってあまりあわないので、それでよいのだと思います。





さくらんぼ狩りで食べ放題!

河口湖ハーブフェスティバルの会場を出たあとは、さくらんぼ狩りのために窪田農園さんへ向かいます。





引き続き雨が降っていますが、ハウスの中にさくらんぼの木があるため、雨には濡れないのだそうです。







たっぷりのさくらんぼ。
食べ放題なので、自由にとって食べていきます。

木によって品種が違うのだそうで、品種の違いも意識しながら食べてみてくださいね…とおっしゃっていましたが、「よくわからんかった」というのが感想です。

同じ木でも甘いさくらんぼもあれば、やや酸味のあるさくらんぼもあるんですよね。

そんな感じではありますが、恐ろしくたくさん食べました。
さくらんぼを普段思いっきり食べることってまずないですから、たくさん食べられて大満足です。





帰り

さくらんぼをおなかいっぱい食べたあとは、バスに乗って帰路につきます。



帰りにもサービスエリアでトイレ休憩。
行きに寄ったSAとは違う場所ですが(名前忘れた)、前にも来たことがあります。

さくらんぼをたくさん食べたはずですが、ちょっと小腹がすいていたのでサンドイッチを購入。





SAの中にあるコンビニが改装中だったためか、普通っぽい地味なサンドイッチしかありませんでした。

レタスとかトマトとかきゅうりなどの野菜と、肉や卵を組み合わせたサンドイッチが好きなんですよね。といいつつ、まあまあ美味しかったです。





以上、はとバスの旅でした。

日帰りのバスツアーって、旅行気分をしっかりと味わえるのにもかかわらず、旅行と違って準備が簡単で済むところがいいんですよね。(特に私、持っていくものが多くなりがちなので)

というわけで、また行きたいと思います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連する記事







サイト概要

Copyright © 2012- Dialog. All Rights Reserved.
Designed by ykr414.