日常の出来事、興味を持っていることについて書いています

メイクした顔にどうやって日焼け止めを塗りなおす?3通りの方法を紹介



日焼け止めは塗りなおしが必要だといわれますよね?
私も外出する場合は、携帯がしやすい小さい日焼け止めを持ち歩くようにしています。

その時の季節や状況にもよりますが、日差しがきつい中で活動する場合は、1~2時間ごとに塗りなおした方が良いといわれます。

それほど日差しを浴びない場合でも、2~3時間ごとに塗りなおしをした方が安全でしょう。




しかし、ふと疑問が。

メイクする時、下地として日焼け止めを利用したり、紫外線防止効果のある化粧下地を利用される方は多いと思いますが、塗り直しってどうしていますか?

メイクの上から日焼け止めをきれいに塗りなおすのって、かなり難易度が高いです。 ともすればメイクが崩れてしまって、メイクをやり直すはめにもなりかねません。

今回は、メイクをした後の日焼け止めの塗りなおし方法について、詳しくお話ししたいと思います。






なぜ、日焼け止めの塗りなおしが必要なのか



日焼け止めの塗りなおしについて説明する前に、なぜ、日焼け止めの塗り直しが必要なのかについて簡単に解説します。

日焼け止めには大きく分けて、紫外線を吸収して熱エネルギーに変換することで肌への紫外線ダメージを防ぐタイプと、紫外線を反射させ、肌へダメージが及ばないようにするタイプが存在します。

両方の性質をあわせ持つ日焼け止めも多いでしょうか。




当然、肌の上にそれらの成分があることによって、紫外線防御の効果をはたすわけですが、肌をこすったり汗をかいたりして日焼け止めの成分が落ちてしまうと、日焼け止め本来の効果を発揮できなくなります。

特に、紫外線を吸収して熱エネルギーへ変化するタイプの成分は、何度か紫外線を吸収すると化学変化を起こしてしまい、紫外線を吸収する力がなくなってしまうものもあるんですよね。

そういうタイプの日焼け止めの場合、きつい日差しを浴びたりすると、あっという間に紫外線防御の効果が失われてしまうこともあります。

そうなると、日焼け止めを塗っていても塗っていないのと同じです。

日焼け止めを利用する場合は、SPFなどの値にこだわるよりも、塗りなおしをまめに行うことが紫外線ダメージを防ぐ確実な方法だと覚えておきましょう。




しかし、メイクをしている顔はどうすれば…?
メイクをした顔に日焼け止めを塗りなおすのって、ものすごく難しいですよね。

以降、その方法について解説していきます。





メイク後の日焼け止めの塗り直しについて解説!

メイクをする前に、下地として利用できる日焼け止めを利用される方は多いと思います。

日焼け止め効果があるだけではなく、ファンデの付きもよくしてくれる便利なものですが、前でも説明したように、時間が経つごとに紫外線を防ぐ効果は落ちていきます。

特に顔は部分的に皮脂が多く、またよく動かす部分ですから、メイクがよれたりはがれ落ちたりしやすいのですよね。

紫外線防御の効果を保ちたいのなら、日焼け止めの塗り直しが必要です。
以下、3通りの方法をご紹介いたします。



スプレータイプの日焼け止めをふきかける

まず1つ目は、スプレータイプの日焼け止めを利用する方法。



普段は乳液やジェル、クリームタイプの日焼け止めを使用されている方が多いのではないかと思いますが、メイクをした後に、それらの日焼け止めを塗るのははっきりいって無理です。

しかしスプレータイプの日焼け止めは、成分が細かい霧状になって噴射されるため、メイクの上からでも均一に付着させることができます。

実際は、うまく塗れるかどうかは製品にもよるのですけどね。
製品によってはベタツキが強いものもあったりするので、いきなり本番で使うのはおすすめしません。

保湿効果を持つタイプの製品なら、乾燥もケアしてくれるため一石二鳥。ついでに髪にスプレーすれば、髪や頭皮の紫外線対策もできます。




注意点は周りに飛びちる可能性が高いので、人が多いところでは使わないことと、目に入らないように気を付けることです。

大抵の日焼け止めスプレーには、顔に塗る場合は手に取ってから塗るような指示がありますが、それは吸い込んでしまったり目に入ると危険だからです。

といっても、私自身がスプレータイプの日焼け止めを使う時には、息を止めて目をギュッと閉じた状態でシュッとやってしまっていますが、一応おすすめはしないと言っておきます。

そんな感じでやや使い方にはコツがいるものの、外出時のメイクの塗りなおしにはスプレータイプの日焼け止めは重宝するはずです。




私が使ったことのある製品は以下。
紫外線予報、好きなんですよね。

他にも色々試しましたが、これが一番気に入ってました。
ただ香りがあるので、人によってはダメという方もいるかもしれません。

他の製品もみる:日焼け止めスプレー 製品一覧をみる(Amazon)




日焼け止めパウダーを塗る

日焼け止めパウダーってご存知でしょうか?

ファンデーションではなくルースパウダーみたいなものなんですが、メイクの上からはたくだけで日焼け止め効果をプラスできちゃうんです。

ファンデーションの塗りなおしをする要領で、メイクの上からサッと付ければよいので、ある意味スプレーよりも手軽かもしれません。

サラッとしたものが多くて皮脂を吸収するためか、乾燥肌には合わない場合もありますが、テカりなんかも抑えられるので肌質によってはかなり重宝すると思います。

注意点は、塗りすぎですね。
透明~色の薄いパウダーを使った製品が多いのですが、塗りすぎるとファンデを厚塗りしたようになりますので注意しましょう。




私が使ったことのあるパウダーは以下。
ノンケミカルかつ、数種のヒト型セラミドが配合されていて、スキンケアにもなるところが好みです。





低価格なものでは、こちらが人気です。
以下は新しいモデルですが、旧製品がかなり人気だったんですよね。

ただ、このUVフェイスパウダーは紫外線吸収剤が入っているので、人によっては乾燥を感じやすいかもしれません。





まめにファンデを塗りなおすという方法でもOK

日焼け止め…とはちょっと違いますが、ファンデーションをまめに塗りなおすだけでも、日焼け止め効果はそれなりに保てます。

ファンデ自体に、紫外線防御の効果があるんですよね。
この場合に使うファンデーションは、リキッドではなくパウダーがおすすめです。

ただ日焼け止めもなんでもそうですが、それなりの紫外線防御効果を発揮させるには、ある程度の量を塗らなくてはなりません。

なので、いくらファンデに紫外線を防ぐ効果があるとはいっても、強い日差しのもとでファンデーションだけで過ごすのはおすすめできませんが、日を浴びる機会が多くはないのなら、ファンデでまめにメイク直しするだけでも十分です。

特に肌が敏感な方には、この方法が良いかもしれませんね。







以上、メイクをした上から日焼け止めを塗りなおす方法について解説しました。

普段の外出時はこれ、アウトドアにはこれといった具合に、状況に応じて使い分けられるよう幾つかの種類の日焼け止めを用意しておくと便利です。

参考にしてみてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連する記事







サイト概要

Copyright © 2012- Dialog. All Rights Reserved.
Designed by ykr414.