日常の出来事、興味を持っていることについて書いています

美白化粧品がシミに作用する仕組みと、効果を引き出すコツについて解説!



ふと顔を見るとシミが…。
あわてて美白化粧品を購入し、毎日のスキンケアで美白を行っているという人は少なくないと思います。

ただ、美白化粧品を使ったからといって簡単にシミが消えるかというと、そんなことはありませんし、 油断すればさらにシミをふやしてしまうことも。

高い美白化粧品をずっと使っているけど、全然効果ない…なんてお思いの方もいるかもしれません。



美白化粧品を効果的に利用するには、美白成分がシミにたいしてどのように作用するのかを知る必要があります。

美白の仕組みを知れば、効果が出るまでに時間がかかる理由がわかりますし、日ごろ何をすればよいのかがよくわかるはず。

今回は、そんな美白化粧品による美白の仕組みと、効果を高めるコツについて解説したいと思います。







なぜシミができるのか


まず簡単に、シミができる仕組みについてお話しします。



紫外線を浴びるとシミができる…なんて、漠然とした知識を持っている方は多いと思いますが、 あながち間違いではありません。

シミは、主に紫外線を浴びることによって発生した活性酸素の刺激により、 肌のメラノサイト(色素細胞)からメラニン色素が生成され、そのメラニンが蓄積することできます。

強い紫外線を浴びると、肌内部には大量の活性酸素が発生します。

発生した活性酸素はそのままだと細胞にダメージを与え、細胞を老化させる大きな原因となりますが、 生成されたメラニン色素が活性酸素のダメージを引き受けることで、肌へのダメージを緩和してくれているんです。

メラニン色素がシミのもとだと聞いて「そんなものなければ良いのに」なんて思われる方もいるかもしれません。

しかし、メラニン色素がなければ活性酸素のダメージを細胞が直接受けることになるため、 肌はシミができる以上にボロボロになる可能性があるんですよね。





ちなみに通常は、生成されたメラニン色素は肌のターンオーバー(生まれ変わり)によって外部に排出されるため、 シミの原因にはなりません。
メラニン色素は生成されても、やがては排出される


しかし、ターンオーバーのサイクルの乱れによって上手く排出されなかったり、 過剰にメラニン色素が生成されることで排出しきれないと、メラニン色素が蓄積してシミとして現れやすくなってしまいます。

年齢を経るとシミができやすくなるのは、新陳代謝の低下によってメラニン色素が排出されずに蓄積しやすくなること、 また活性酸素を除去する力が低下し、増えた活性酸素によってメラニン色素が過剰生成されやすくなっている点などがあげられます。






美白化粧品でなぜ美白ができる?




最近では、美白化粧品と一口にいっても多種多様でひとくくりにはできないのですが、 美白化粧品に配合されている美白成分には、メラノサイトのメラニン色素生成の働きを阻害する作用があります。

具体的には、メラノサイトの活性化によってチロシナーゼが生成され、 そのチロシナーゼとチロシンと呼ばれるアミノ酸の1種が反応することによってメラニン色素が生成されますが、 多くの美白成分はチロシナーゼの働きを阻害することで、メラニン色素の生成を抑えます。

もちろん美白化粧品を使っていたとしても、メラニン色素がまったく生成されなくなるわけではありません。

しかし、シミの原因となりやすいメラニン色素の生成量を抑えることで、シミができるのを防ぐ効果があるというわけです。




ここで注意したいのは、基本的には多くの美白化粧品は「シミができるのを防ぐ」ためのものであって、 「シミを消す」ためのものではないということ。

シミができているのに気づいてから、美白化粧品を使いはじめる人が多いですが、 実はシミができる前に使う必要があるんですよね。




とはいえ、薄いシミであれば消える可能性はあります。

美白化粧品はあくまでもサポート役ですが、上手く使うことでシミが薄くなるのを早めることができるかもしれません。

一方で濃いシミ、できてから時間が経過しているシミは、 クリニックで行っているようなハイドロキノン等を用いた治療や、レーザー治療でないとケアは難しいです。




すでにあるシミを美白化粧品で薄くするには




先にも書いたように、濃いシミや時間が経過したシミは美白化粧品でのケアは難しく、消すには医療的な処置が必要になることがほとんどです。

一方で、あらわれてから時間が経過していないシミに関しては、紫外線対策とあわせて美白化粧品でケアを行っていくことにより、 シミが薄くなるのをサポートできる可能性があります。

サポートなんて言い方をしているのは、美白化粧品が直接シミを薄くするわけではないからです。




通常、肌内部で生成されたメラニン色素は、肌のターンオーバーによって少しずつ排出されていきます。

シミ部分も少しずつではありますが、肌のターンオーバーによってメラニン色素が外部へ排出されるため、 理論上では放っておいてもシミって薄くなるはずなんですよね。

ただ、シミができたあとも紫外線によるメラニン色素の生成は行われます。

肌のターンオーバーによって排出される以上のメラニン色素が生成され続ければ、さらにシミを濃くしてしまったり、 新たなシミを増やしてしまうことにもなりかねないのです。




できたシミを薄くするには、紫外線対策を徹底し、シミを濃くする原因となるメラニン色素の生成をできるかぎり抑えることがポイントです。

美白化粧品に含まれる美白成分には、メラニン色素の生成を抑える作用が期待できますから、 紫外線対策とあわせて利用することにより、メラニンの生成量を抑えることが可能になります。


【美白化粧品によるシミケアとは】

・紫外線対策を行うことで、メラニン色素が生成されないようにする
・美白化粧品を利用することで、メラニン色素が生成される働きを阻害する



メラニン色素生成の大きな原因となる紫外線をあびないようにすれば、メラノサイトでメラニン色素が生成される量は減ります。

そこに美白化粧品を併用すれば、さらにメラニン色素の生成量を抑えられるというわけです。

その状態を長く維持できれば、シミが濃くなったり新たなシミができるのを防げることはもちろん、 肌のターンオーバーによってメラニン色素の排出が促されることで、すでにあるシミを薄くできる可能性は高いといえるでしょう。




美白ケアの効果をさらに高めるコツ




シミは、メラニン色素が蓄積されることによってできます。

メラニン色素は、主には紫外線をあびることによって発生した「活性酸素」の刺激によって生成されるものなので、 簡単にいうと、シミができる大元の原因は活性酸素なんです。

紫外線に気を付けていたとしても、常にストレスを溜めていたり、食生活が悪ければ体内に活性酸素が大量に発生し、 メラニン色素が生成されるもとになります。

美白化粧品で頑張ってお手入れしたとしても、活性酸素を発生させる要因が多ければ、それだけで美白ケアの効果は半減してしまいます。

なので、美白ケアの効果を高めたいのなら、活性酸素対策は不可欠だといっても良いでしょう。




これから美白ケアをしようという方は、 体内の活性酸素対策として、抗酸化作用があるといわれるビタミンサプリメント等を摂りいれてみてはいかがでしょうか?

食事内容のバランスが悪いのならその見直しも大切ですが、 食生活の良い悪いにかかわらず、サプリメントの摂取はおすすめです。

例えば…



海外製のビタミンC。
リポソームと呼ばれる特殊な加工が施されており、吸収されやすいのが特徴のビタミンCです。

お高いですが、それだけのことはあります。
ものすごく人気が高いため、売り切れになることが多いです。

ちなみに、上記製品の旧バージョンがAmazonでそこそこお安く販売されているようです。(リポスフェリック ビタミンC 30包

基本的に、先にあげたものと効果は変わりません。




ビタミンCを摂るなら、ビタミンEも摂取しましょう。
一緒に摂取することで、抗酸化作用が高まります。




肌のためにビタミンB群を摂るべき、といってもピンとこない人は多いと思います。
が、ものすごく大切なビタミンです。

長くなるので書きませんが、肌のケアを行うのなら欠かさず摂りたいサプリメントのひとつなんですよね。

掲載しているThorne Researchの製品は、海外の医療機関で採用されるレベルのサプリメントであり、 私は他にもいろいろ愛用しています。

ちなみにビタミンBサプリにはもっと安いものもありますが、Thorne ResearchのベーシックB複合体には、 活性型のビタミンB群が採用されているため、体内で活用されやすいんですよね。

特に、サプリ飲んでも効果がよくわからない…なんて方におすすめ。









以上となります。

多くのシミは長い時間をかけ、肌表面に浮き上がってきたものです。
そのシミを薄くするには、当然ですが長い時間がかかるため、根気が必要です。

できたばかりのシミ、薄いシミほど対処しやすいため、シミがあると気づいたら早めに美白化粧品に切り替えるようにしましょう。

理想はシミができる前に、予防として紫外線対策と美白化粧品を利用することです。

日常の紫外線対策については、以下に詳しく掲載していますので、興味をお持ちの方はチェックしてみてください。

徹底した日焼け対策について解説!



まあ、どうしてもシミが消えなかった場合は、ハイドロキノンやレーザー治療という手もなくはないですが、 ある程度のリスクがあること、またレーザーはコストもかかります。

とりあえず、どうにもならなかった時の手段として置いておきましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連する記事







サイト概要

Copyright © 2012- Dialog. All Rights Reserved.
Designed by ykr414.