日常の出来事、興味を持っていることについて書いています

恒例の食べてばっかり関西旅行 今回は新世界周辺をウロウロしました

5月の終わりに、2泊3日で関西のほうへ。
旅行というか帰省なので、観光は最小限ではあるのですが、あちこち歩きまわって楽しんできました。



ちなみに、いつも関西へ行く前には、東京駅にあるカフェで食事をしてから出発することが多かったのですが、何度も訪れたためかちょっと飽きてしまい…

今回はRF1でお弁当を購入し、新幹線で食べました。

RF1のお弁当、野菜たっぷりでヘルシーなものが多いんですよね。
ものすごく目移りしてしまいました。

というわけで以下、関西旅行の記録です。







朝食べずに出てきてものすごくおなかが空いていたので、新幹線に乗ってすぐにお弁当を食べました。



お弁当の中身。
どちらかというとごはん少なめで野菜が多めですが、野菜にはかぼちゃやイモ類も結構多く混ざっています。

かぼちゃとかイモ類って、私的には野菜というよりは炭水化物に分類される食べ物なんですよね。嫌いではありませんが、好きでもないです。

まあでも、一般的なお弁当に比べるとかなりヘルシー。
野菜不足の人には良いお弁当だと思います。

創作料理っぽくて面白いので、他のお弁当も食べてみたいです。





あっというまに新大阪駅へ到着。

新幹線の中で仕事を少ししようと思っていたのですが、パソコンをすると気分が悪くなりそうだったので、本を読んで過ごしました。

とりあえず、ホテルへ向かいます。




ホテルはまたまたグランヴィア大阪


今回予約していたホテルは、梅田(大阪駅)にあるグランヴィア大阪。
前回も前々回もここだったような気がします。

駅直結なので便利なこと、また勝手がわかっているのでいろいろ迷わないところもよいのですが、同じところばかりでちょっと飽きてきました。

たまには他のホテルなり、旅館なりを選んだほうが、旅行という感じがするかもしれません。



部屋の広さは普通。






壁に変な飾りがぶら下がっていて、
空調の風にふかれてフラフラ揺れているのが気になります。

寝ているときに落ちてこないかなとか思ったり…





全体的に普通な感じの部屋ですが、机がちょっと安っぽい感じ。

前に比べて安いとかそういうわけではないのですが、このホテル、部屋によって置いてある家具が違うことが多いんですよね。





無料で使えるスマートフォン。
通話も通信もし放題なのだとか。

太っ腹な気がしますが、ホテルで一括契約なのでプロバイダに支払う料金は安いんでしょうね。

しかも、わざわざ無料スマホを利用する人も少なそうだし…
外国の方が日本に来た場合などには、ひょっとすると利用するのかも?






私の実家へ 甥っ子と遊んだり食事をしたりして過ごす


ホテルに荷物を置いたあとは、私の実家へ。
私には2人の妹がおり、私の帰省にあわせて実家の方へ顔を出してくれることが多いのですが、残念ながら三女と三女の子供たちはこられず。

次女家族が来てくれました。

三女の子ども達はもう大きいので、学校とか習い事なんかで忙しいんですよね。今後、もっと忙しくなるんだろうなと思います。





おやつ。
一心堂のいちご大福です。

さまざまなフルーツの大福を販売していて、すいかやパインなんかもありましたが、私は定番っぽいいちご大福を選びました。

さっぱりした甘さでおいしいです。





甥っ子とおばあちゃんが遊んでいます。
アンパンマンのお風呂用のおもちゃが面白いのか、ビー玉を転がしては拾い、転がしては拾い…と延々と繰り返していました。




しばらくして、晩ごはんの時間。




コーンは甥っ子の好物なのだとか。

私も昔は好きだったかな?
今はそうでもないです。

このほかにもお漬物など、いろいろありました。



今回、三女の子供たち(男の子)が来ないので、
全体的にはあっさり系のおかずが多いかな?

天ぷらは軽くないかもですが、肉系のガッツリとしたおかずが少なかったのと、ものすごくよく食べる子供たちがいないので、食べきれずにおかずが大量に残りました…。

成長期の子供の食欲ってすごいですよね。(自分もすごく食べた記憶がある)
食費とかが恐ろしい…

あまったおかずは、母がお弁当にして会社に持っていくといっていました。





食後のデザートはメロン。
水分が多く、おなかいっぱいです。

そんな感じで母やおばあちゃんと少し話をした後、ホテルへ帰宅しました。




帰り、ファミマに寄ったついでに、デザートも購入。



RIZAPのチーズケーキです。
以前にも購入したことがあるのですが、その時に買ったチーズケーキは黒いカップだったので、ちょっと種類が違うみたい…





あっさりしていますが、思ったよりもチーズが濃厚でおいしいです。

ただ、ステビアの不自然な甘さがダメな方には、
おいしく感じられないかもしれません。




2日目のランチは、北極星のレトロな洋食セット


2日目は、連れの実家の方へ行く予定。

しかしその前に、朝昼兼用のご飯を食べていこうと思ってレストランフロアへ向かったは良いですが、朝早く出すぎてしまったせいかフロア自体が開いておらず。

カフェっぽいところだと朝早くからやっているお店もあるのですが、ちゃんとしたごはんメニューを食べたかったんですよね。

なので、フロアが開くまで少し待ちました。



で、入ったのは「北極星」というお店です。



単なる洋食のお店なのかなと思っていましたが、よく書かれていることを読んでみるとオムライスが有名なお店なのだとか。

しかし頼んだのはオムライスではなく…





レトロ洋食セット。
いろいろ食べられる、ワンプレートのメニューです。

連れも同じものを食べました。





内容はこんな感じ。
ちょっとB級な香りもしなくもないですが、定番のおかずをたくさん楽しめるメニューです。

全体的に油ものが多いですが、おなかが空いていたのもあって普通においしかったです。




連れの実家へ行き、お義母さんとあちこちへ出かける


食事をした後は、連れの実家へ。
いろいろしなくてはならないことがあったので、実家に行ってからすぐに外出し、その帰りにカフェによりました。



Mint(ミント)という、昔ながらって感じのカフェです。





私と連れは食事をしたところだったので、飲み物だけ。
お義母さんはご飯を食べていないということだったので、エビフライ定食を頼んでました。

ちなみにここ、普通っぽいカフェかなと思っていたのですが、メニューを見てびっくり。

ものすごくメニューが充実しているんですよね。
甘いものから定食まで、軽食やしっかりごはんなど、なんでも食べられる感じです。

お義母さんいわく、特にモーニングは種類が多くて人気があるのだとか。

値段も全体的にリーズナブルだし、来るってわかってたらここでご飯食べたかったなあと…。お義母さんのごはん、ボリュームたっぷりでおいしそうだったし。



1つだけ気になる点をあげると、たばこくさいんですよね。
一応分煙はされているのですが、きっちり空間を分けているわけではないため、煙の香りがします。

まあ、昔からあるカフェって、どこもそんな感じなのかもしれません。





カフェを出たあと、ケーキを買いに行こうということで、リサリサというケーキ屋さんへ。



ケーキ自体は、お義母さんがよく買ってきてくれていたので何度も食べたことがあるのですが、お店へ来るのは初めてです。

ものすごくお菓子の種類が多くて、しかもびっくりするくらいリーズナブルで、目がテンになりました… でもフルーツがたっぷり使われていておしゃれだし、味も美味しいんですよ。

コスパ良すぎですね。ここだけじゃなく、関西方面って結構お手頃価格のお店が多い気がします。というより、東京が高すぎるのか…

お菓子類を販売しているだけではなく、カフェもやっているみたいで、家の近くにこんなお店があったらいいなあ…と思ってしまいますね。





家へ戻り、買ってきたケーキでデザートタイム。
最近、健康を考えてケーキを食べすぎないよう心がけているんですが、おいしすぎて食べすぎますね…






2日目の晩ごはん ビーファーズで焼肉♪


晩は、鹿児島の産直肉が食べられるという「ビーファーズ」へ行きました。



前にも一度来たことがあります。
ちょっと家からは距離があるんですが、お肉がすごく美味しいんです。




ということで食べます。



まずはユッケ。






お肉がパッケージングされたものが出てきました。
食中毒予防のためでしょうか?

自分でお肉を器に入れ、具やたれを混ぜてから卵を載せてくださいとのこと。

ちなみに、混ぜたあとにも写真を撮ったのですが、あとからみると上手く撮れておらず… 今使っているスマホのカメラ、シャッタースピードが遅いので、慌てて撮るとぶれてきちんと撮れていないことが多いのですよね。。。

味はすごくおいしかったです。





お肉は、産直食べ比べセットを3人分注文。






カルビやハラミ、バラなどなど、様々な部位の肉と、少量の野菜がセットになっています。

私は基本的に、ハラミ以外の内蔵系が無理なので(アカセンという部位が入っていた)、連れとお義母さんに食べてもらいました。




セットとは別に、希少部位の盛り合わせというメニューがお勧めだとのことで、そちらも注文。




希少部位…
というのがどこの部位なのかは、食べるのに必死で聞き忘れました…





包み野菜の盛り合わせも注文。
3種の野菜と、サムジャンがついてきます。





こんな感じで野菜に肉を巻き、サムジャンを付けて巻いて食べると、めちゃくちゃおいしいんですよね。

野菜もたっぷり食べられます。
本格的な韓国料理のお店だと、葉っぱ類はお変わり自由なんてところも多くて、いつも葉っぱを山ほど食べるんですが、さすがに日本の焼き肉屋ではしません。




どのお肉も脂が多く、おなかが膨らんできました…
ので、締めとしてご飯系のメニューを注文することに。

連れは牛肉茶漬けを注文。





ダシをかけて食べます。
ちょっともらいましたが、ダシと甘目の牛肉があっていておいしいです。




私はというと…




クッパです。
連れと同じく牛肉茶漬けにしようか、それともビビンパにしようか迷ったのですが、久々に食べたいなあと思ってクッパを選びました。

スープでさらにおなかが膨らみましたが、すごくおいしかったです。





その後、しばらくみんなで話をしたあと、ホテルへ。
結構食べたのにもかかわらず、帰るなりデザートを食べます。

あちこち動いているからなのか、食欲ある感じです。




昼間に訪れた、リサリサで購入したプリンです。
シンプル系のプリンと、リッチ系のプリンの2種類があり、上写真はシンプル系のプリン。

昔ながらの材料を使ったプリンって味で、どちらかというと軽い感じなので、おなかがいっぱいでも食べられます。




3日目のランチは「鉄板酒場 犇屋」で定食を食べる


3日目は、連れの親せきのところへ行く予定でしたが、その前に朝昼兼用のご飯をたべていくことに。

天王寺へ移動し、レストランフロアが開くのを待ちました。
それほど長い時間ではないですが、おなかが空いているときに待つのって、疲弊しますね…。




以前来た時には、路面電車の線路などが工事中だったのですが、すっかりできあがっているよう。

近代的というほどではありませんが、
昔ながらの路面電車って感じではなくなりましたね。





ようやくレストランフロアが開き、訪れたのは…



「鉄板酒場 犇屋(ひしめきや)」という居酒屋です。
居酒屋といっても、昼間は普通のメニューを提供しています。

あまり選ばないタイプのお店ですが、店頭にあったメニューの定食がおいしそうだったので、ここで食べることに。




ハンバーグにするかでものすごく悩みましたが、北海道ブランド豚「夢の大地」鉄板しょうが焼き定食Wというメニューを注文。



ブランド豚の肩ロース・バラを使った生姜焼きです。
ごはんはお代わり自由とのこと。

最初ちょっと少ないかな?と思ったのですが、食べてみるとお肉も野菜も結構量があって、適度に脂っこいのでおなか一杯になりました。




そして連れはこれ。
「肉汁飛び出すハンバーグ」です。




肉汁飛び出すってところが気になって、私もこれにするかで悩んだんですよね。




ちなみに…



メニューには、「万が一飛び出さない場合にはただちに作り直します…」のような文言が書かれており、肉汁が飛び出すことへのお店のこだわりが感じられます。




実際には、連れのハンバーグへの箸のさし方がかなり慎重だったのもあってか、肉汁が飛び出すというほどではありませんでした。



ですが、切れたハンバーグからはたくさんの肉汁が流れ出ており、ものすごくおいしそうでした。

一瞬、こっちにすればよかったかなと思いましたが、
豚の生姜焼きも脂が濃厚で美味しかったし…

ハンバーグは、また機会があればたべてみたいです。




四天王寺へ行き、そのあと親せきの家へ


食事をした後は、四天王寺へ。
多分ですが、四天王寺へ行くのって初めてかも?

天王寺は子供のころから何度も来ているというのに、地元にあるお寺とか名所って、意外と行かないものなんですよね。






ものすごく見づらいですが、2階建てのカメ。





四天王寺を出たあとは、親せきの家に電車に乗って向かいます。
家までは遠いというほどでもないのですが、近いというほどでもなく、ちょっと距離があるんですよね。

駅から降りて家に向かって歩いていたら、後ろから来た人に「どうも~」と声をかけられてびっくり。

叔父さんでしたw
ジムから帰るところなのだとか。

毎日通っているそうで、私の何倍も体力ありそう…



ケーキをごちそうになりました。
ケーキは控えると宣言していたのですが、昨日からケーキ続きです 笑





ものすごくかわいい苺のケーキです。
上に載っている花はチョコレートでした。

おいしすぎる…




その後はしばらく叔父さんたちと話をし、叔父さんの家から歩いてしばらくのところにあるお墓にお参りし、そのまま駅まで歩いて戻りました。

なんて淡々と書いていますが、この間かなり歩いています。
雨が降らなくてよかったです。




天王寺へ戻り、休憩することに。
さっきケーキを食べたばかりですが…




またチーズケーキ 笑
あべのキューズモールにあるcookhouse(クックハウス)というパン屋さんで、チーズケーキとハーブティーを飲みました。連れはコーヒーだけ。

パン屋さんのチーズケーキなので、ケーキというよりはチーズタルトみたいな感じで甘さ控えめです。

普段と違って動き回っているからか、お腹がすぐに空きます。
前に比べると食欲が落ちたなと思うことが多いのですが、多分日頃動かなさすぎなんだと思います。

動くと普通に食欲出るので…




新世界~難波の方へ


天王寺で休憩したあと、歩いて新世界のほうまで行くことに。
この日に帰る予定だったのですが、思ったよりも時間が余ってしまったので、時間つぶしです。

新世界方面、ものすごく久しぶりです。




天王寺駅から少し離れたところから。
ハルカス展望台のあるビル、離れてみると本当に背が高いなと感じますね。





てんのうじどうぶつえん。
最初、動物園に行こうかという話が出ていたのですが、時間的に無理だったのでやめました。





通天閣が見えます。





ずーっと歩いて、新世界の入り口へ。





なんというか、大阪ならではの雰囲気があります。





売っているものも、なんとなく大阪っぽいです。
あのトラやライオンの被りものみたいなのは、一体何なのか…

大阪のおばちゃんの着用頻度が高い、ヒョウ柄のTシャツも売ってました。






ずーっと歩いて通天閣本通にある、レトロゲーセン「ザリガニ」。
レトロゲームのゲーム台ばかりが置かれています。

珍しいのか、外国人旅行者が何組か出入りしていました。





ものすごい古そうな市場。
大昔に歩いたことがあるような、ないような…




この後は、日本橋のでんでんタウンをうろうろ歩きながら(連れの趣味)、難波の方へ。






平日でしたが、難波はものすごい人。
結構長い時間歩きまわったからか、またもやおなかが空いてきました。

食べてばっかりに見えるかもしれませんが、さっきケーキを食べてからそこそこ時間が経過しています。




最後は「びっくりドンキー」でハンバーグのごはん


新幹線でお弁当を…と考えていたのですが、新幹線に乗るまでにはまだ時間があるので、難波にあるびっくりドンキーでご飯を食べていくことにしました。



表通りはものすごい人ですが、まだ晩ごはんには早い時間だったからか、お店にはすぐに入れました。




というわけでご飯です。



こちらは連れが注文した、「ハヤシバーグ ディッシュ」にチーズをトッピングしたもの。

ハンバーグは150gです。
今見ると、ハヤシソースがおいしそうで食べたくなります。




そして私は、ディッシュメニューじゃなく、ステーキメニューにある「おろしそバーグステーキ」にご飯をプラス。

チーズ系のメニューにしようか迷ったのですが、無難なものを選びました。




ハンバーグは200g。
ハンバーグ150gはちょっと少ないけど、300gだと多いかも…と思ったのでこれです。

200gの重量って、ディッシュメニューの方にはないのですよね。
多くも少なくもなく、普通においしかったです。







という感じで、食事をしたあとは新大阪の方へ向かい、お土産を買って新幹線で帰宅。

連れの歩数計によると、この日は25000歩近く歩いたのだとか。
普段の私にしてみると、ありえないくらい歩いていますが、翌日はいつもよりも多めに睡眠をとったからか、意外に疲れもなく元気でした。

というわけで長くなりましたが、終わります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連する記事







サイト概要

Copyright © 2012- Dialog. All Rights Reserved.
Designed by ykr414.