日常の出来事、興味を持っていることについて書いています

恒例の関西帰省(2018年2月) 実家を訪問したり、親友と梅田でご飯を食べたり

2月(2018年)に、関西のほうへ帰省していました。
いつも年末年始には帰省しないので、その代りのようなものです。

関西帰省は毎回、実家や親せきのところへ訪問したりでほぼスケジュールが埋まってしまうのですが、今回帰宅する最終日が空いていたので、ちょっとだけ観光してきました。

もともと関西出身なので行きたいところって特にないんですが、私が関西にいた頃にはなかった新しい施設がたくさんできており、訪れたことがないところって結構多いんですよね。

というわけで以下、関西旅行の様子…というよりは、いつもと同じで食べたもの記録のような内容になっています。



東京駅にあるマダム・ブロで朝ごはん

出発日、まずは東京駅にあるマダム・ブロというお店で、パンの朝ご飯をたべました。毎回のように寄っているお店です。

料理研究家のデンマーク人「イェンス・イェンセン」という方が監修しているカフェなのだそうで、メニューで利用する食器には、デンマークのテーブルウェアであるロイヤルコペンハーゲンが使われています。



モーニングサンドセットを注文。
飲み物はホットコーヒーです。

結構ボリュームがあります。
新幹線の出発時間よりもかなり早くついてしまったので、ゆっくり目に食べて時間をつぶしました。



新幹線の中。
パソコンを出す前に、アイスクリームタイムです。



この日はよく晴れていて、富士山がくっきりときれいに見えていました。



新大阪へ到着。
最近は新大阪もリニューアルできれいになって、究極の方向音痴の私はますます訳が分からなくなりました。



この日は私の実家へ行く予定だったのですが、その前に今回の宿泊先であるグランヴィアへ。グランヴィアは場所が便利なので、よく利用します。

まだチェックインには早い時間だったので、荷物だけ預かってもらおうと考えていたのですが、チェックインできるということだったので、先にチェックインを済ませてから実家のほうへ。

実家では今回、一番下の妹の子供たちとは会えなかったのですが(学校)、次女とその子供が実家へ顔を出してくれたので、一緒に「どうぶつかるた」をしたり、おもちゃで遊んだりしました。

次女の子、ものすごく可愛らしかったです。
常時テンションが高くて、よく体力が持つなあと感心してしまいました。



2日目 連れの実家へ行く前に「花様(かよう)」でご飯

2日目は連れの実家へ。
実家へ向かう前に、阪急梅田にある花様ka-you(かよう)というお店で朝昼兼用のご飯を食べました。

花様は、滋賀県守山市にある自家栽培ファームで作った野菜や、滋賀県内にある自営農家さんが作る有機野菜や無農薬野菜を食べられるお店です。

前にも何度か来たことがあります。
リーズナブルに野菜をたくさん食べられるんですよね。

今回、ランチメニューが生パスタとリゾットに変わっていて、ご飯粒が好きな私にはちょっと残念だったのですが、野菜メニューは従来以上にパワーアップしていて驚きました。

というわけで、私はゴロゴロ近江野菜の「ベジ生パスタ」ランチコースを、連れはゴロゴロ近江野菜の「ベジリゾット」ランチコースを注文。



すべてのメニューにつく、近江野菜サラダの食べ放題。
いろんな野菜がたっぷり入っていて、さらにお米のパフが香ばしくてとてもおいしいのです。



本日の近江野菜の前菜盛り合わせ。
こちらも、すべてのメニューにつくものです。

1000円前後のランチのメニューに、このボリュームはすごくないですか?



私のメインメニューの、ボロネーゼ生パスタ 小松菜添え。
いわゆるミートソースのパスタです。

お皿のデザインの関係でちょっぴりに見えますが、実は中央部分が深皿になっていて、思ったよりもたくさん盛り付けられていました。



こちら、連れのリゾット。
芽キャベツなどの野菜がたくさん入っています。


という感じのお昼ご飯でした。

野菜もパスタメニューもおいしかったのですが、自分的には以前あったような、ご飯の定食を食べたいなあというのが本音。

次回行くまでに、定食メニューが追加されることを勝手に期待しています。



連れの実家にて

お昼ご飯を食べた後、デパ地下に寄ってから連れの実家へ。

三時のおやつに食べたケーキ。
「ショウタニ」という、尼崎に本店があるらしいお店のケーキです。

いつも沢山ケーキを食べておなかがいっぱいになってしまうので、今回は1個に留めておきました。


ちなみにお義母さんの家には、いつもお菓子がいっぱい買い置きしてあるんですよね。

といってもお義母さんはそれほど食べないので、多分お客さん用が来たとき用なのだと思いますが、そちらのお菓子をちょこちょこつまんでいたら、結局おなかがいっぱいになってしまったのでした。



Denver Premium(デンバープレミアム)でステーキの晩ごはん

おなかはそれほど空いてはいないけれど、夜ご飯どうする?となり…。
とりあえず外に出てから考えようということで、私と連れとお義母さんの3人で電車へ。

出かけた先のショッピングモールで散々まよったあげく、食べるなら肉!ということで、Denver Premium(デンバープレミアム)というステーキのお店へ行きました。



全員、熟成リブロースステーキのセットを注文。
サラダとスープ、ライス、ドリンクがつくセットを選びました。



メインのお肉。
結構脂身が多かったのですが、食べるころにはおなかが空いてきていて、軽く食べられました。

食べた後のニンニク臭が、自分でもわかります。。。


食べたあとしばらくの間は、お義母さんといろいろ話をして過ごし、そのまま駅で別れてホテルへ帰りました。

梅田駅構内にある、オリオンのお菓子のショーウィンドウ。



昔懐かしいお菓子がいっぱい並んでいて、楽しげな感じです。



3日目 マルモキッチンで親友とランチ

3日目は、自分の昔からの親友とあう約束をしていたので、いつもの待ち合わせ場所で合流し、阪急三番街へ。

ランチはどのお店にしようかと歩き回ったあげくに、マルモキッチンというお店へ入りました。

いろんなメニューがあって迷ったのですが、ドリア系のメニューがとてもおいしそうだったので、私は「手ごねハンバーグのハヤシカルボドリア」というメニューを注文。



手ごねハンバーグのハヤシカルボドリア。
名前そのまま、ハヤシソース系のドリアに手ごねハンバーグがのったメニューです。

話をしながらスローペースで食べていたので、最後のほうはおなかがいっぱいになってしまい…。少しだけ残してしまいましたが、おいしかったです。



こちらは、友達が注文した「チキンとかぼちゃのカルボドリア」。

ちなみに、「カルボ」っていったい何?と思って調べてみたら、どうもカルボナーラに使われるようなソースを使ったドリアのことみたいです。(たぶん)

食べた後は、カフェへ場所移動しました。



「宇治園 喫茶去」で引き続き友人とおしゃべり

マルモキッチンを出た後は、おなじく阪急三番街にある「宇治園 喫茶去」というカフェへ。

ここ、かなり前に友達と一緒に訪れたカフェです。
お店のスペースを拡大したようで、入り口の場所が変わってしまっていたたため、最初はそうだと気がつきませんでした。

以前のお店は狭い感じだったのですが、今回はテーブルとテーブルの間隔がかなり広くなっていて、ゆったりとした感じで過ごしやすかったです。



抹茶豆乳オーレを注文。

お茶系のスイーツメニューがたくさんあって、ものすごく目移りしたのですが、ランチを食べたばっかりで入りそうになかったので、無難な飲み物を注文しました。

パフェとかケーキとか、ものすごく魅力のあるメニューが満載なので、また機会があれば食べたいです。



こちらは、友達が頼んだほうじ茶豆乳オーレ。
ほうじ茶なので、私の豆乳オーレとは少し色が異なります。

ちなみにこのドリンクは、甘味はつけてありません。



テーブルに置いてあった、ふくろうのお砂糖入れ。
これ、以前来た時にも置いてあった記憶があります。

かわいいな、と思ってみてたんですよね。


そんなこんなで、色んなことをおしゃべりしていたら、いつのまにか数時間があっという間に過ぎてしまったので、そろそろお開きにすることに。

この友人とはいくら話しても、話すことが次から次へと出てくるんですよね。

そういえば昔は(10年以上前)、ほぼ毎日といってもいいほど仕事帰りにカフェで話していたんでした。あの時も話が尽きなくて、まだ話したいけどそろそろ帰らなきゃって感じで、駅で別れていたんだったなあと…。

とても懐かしいです。
また次回も会えたら良いなと思います。



というところで残すはあと1日分の記録ですが、結構長くなってしまったので次記事に続きます。
関西最終日は観光 「万博記念公園」や「二フレル」へ行ってきた(2018年2月)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連する記事







サイト概要

Copyright © 2012- Dialog. All Rights Reserved.
Designed by ykr414.