日常の出来事、興味を持っていることについて書いています

関西帰省 甘い物三昧の旅行でした

12月頭の事ですが、2泊3日で関西の方へ帰省していました。

本当は東京の近場(箱根とかその辺)で1泊程度・・と考えていたのですが、色々用事があったので一日だけ平日に休みをとり、週末の休みと組み合わせて出かけてきました。

というわけで、今回はその記録です。
今回は顔を合わせたのが殆ど身内だったので、記録と言っても食べもの日記のような感じです。



行きの新幹線で食べた鮭はらこ弁当
なぜかどうしても「いくら」が食べたく、駅弁屋の前に貼られていたこのお弁当の広告につられて即決めました。

味は、当然ですがちょっとしょっぱかったです。
美味しかったですが、この後すごく喉が渇きました。

その後は新大阪駅へ到着するまで、パソコン(一応仕事)などして過ごしました。


宿泊はグランヴィア大阪

到着後はまずホテルに向かいました。
今回はグランヴィア大阪というホテルです。

ちなみに、まだ年末ではないのでホテルも新幹線も結構空いているのでは・・と思っていたのですが、なぜか帰省予定にしていた日程は混雑していたようで、宿泊先等探すのに結構苦労しました。(いろいろ条件を選ばなければあるのですが)

というわけで旅行代理店で色々探してもらった末に、ホテルグランヴィア大阪に宿泊する事に。

グランヴィアは場所が大阪駅上と便利である事、またホテル自体はそれ程新しいわけではないのですが、結構綺麗な部類のホテルなのでちょっと楽しみでした。



部屋は、入るとまず「くの字」型の廊下があり部屋に続きます。
コーナールーム(ホテルの角部屋)だったので結構広かったです。





洗面は2つ用意されています。



お風呂はそこそこ広さがあって内装は新しかったですが、特別高級感があるようなものではなかったです。

ただ、高級系のホテルでも、バスとトイレは同じ空間・・という所は少なくはないですが、ここは完全にバスとトイレがセパレートとなっていたので落ち着いて入浴できました。ここ辺りがダメな感じだと、泊まるのが苦痛になってしまいます。




大きな窓が2つあり、見晴らしは結構良かったです。


荷物を置いた後、この日は連れの叔母さんの家に遊びに行く予定だったので、その後はホテルを出て叔母さんの家へ。

お菓子等ごちそうになりましたが、写真を撮るのを忘れてしまったので写真はなし。晩は連れと2人で梅田に移動し、ご飯を食べました。




天ぷらとか鍋とかそういった和風系のものがたべたく、阪急三番街をしばらく歩き回った末に選んだのが「しのぶ庵」という蕎麦のお店。

蕎麦とかうどんなんて軽食以外であまり食べたいなんて思わないのですが、この日はめちゃくちゃ寒く、暖かいものが美味しそうに見えたのでした。

すき焼定食 900円。
すき焼きの見た目がごった煮という感じで、ちょっとさみしい感じです。

安いけれど、もう少し盛り付けに気を使ってほしかったかな・・



味はお腹が空いていたので普通においしかったですが、やはりお値段的に肉が外国産なのか硬く、次もこれ食べようとは思わないです。




阪神百貨店の前を通った際、リサとガスパールのショーウィンドウがあまりにも可愛かったので、しばらく見て歩きました。


知らなかったのですが、ここ最近では恒例の展示となっているようです。

中身はリサとガスパールがスケートを滑っていたりと様々。人形が動くような仕掛けとなっているなど、なかなか凝っていました。



その後、ホテルに戻るまでに通るデパ地下でデザートを買って帰りました。


クリームたっぷりのシュークリームです。
クリームも甘すぎるとしつこくて沢山は食べられませんが、クリームは微かに甘みが感じられる程度の味付け。

どこのお店の物なのかは残念ながら忘れてしまったのですが、見た目通りクリームたっぷりでとてもおいしかったです。



2日目は連れの実家 「にじいろ」というイタリアンのお店へ出かける

次の日、今度は連れのお母さんの家に行こうとホテルを出た所、変なやつがウロウロしていました。

「のとドン」という、能登半島をモチーフにして作られた石川県能登半島のイベントキャラクターなのだとか。
のとドンという名前が見えなければ、プリンのゆるキャラかなと思ってしまうような色と形です。




その後、ちょっと寄り道をして買い物をした後、お母さんの家へ。
お母さんは現在写真にものすごくはまっており、しょっちゅう写真撮影等へ出かけているのだとか。

ショートケーキと紅茶をごちそうになりました。
結構おいしいと評判のお店のケーキなのだそうで、その言葉通り美味しかったです。



こっちは連れのモンブランケーキ。
これもおいしそう・・



お母さんはあまりおなかが空いていないという事で、ショートケーキを食べた後もう1個いただきました。

栗が上に飾られているだけでなく、中にもたっぷり入った濃厚なケーキですごく美味しかったですが、さすがにお腹がいっぱいに。




その後、色々しゃべったりしているうちにケーキが消化吸収され、おなかがすいてきたので晩御飯を食べに行く事に。

ちょうど、連れの親戚がイタリアンのお店をオープンしたばかりという事で、そのお店にイタリアンを食べに行く事にしました。

「にじいろ」というイタリアン食堂だそうです。
堺市北区にあります。

大きくはないですが、装飾など凝っていてお洒落な感じのお店です。



とりあえず、食べたいものを適当に頼んでいくことに。

前菜の盛り合わせ。
左がキッシュで、中央がクラッカーにクリームチーズを乗せたもの、右がマリネサラダ。



生ハムとアボカドのサラダ。生ハムが美味・・



ぷりぷりエビマヨ。

私はもともとエビマヨ大好きですが、このエビマヨはエビの薄い衣がが揚げたてのようにサクサクしていて、何個でも食べられそうなくらいおいしかったです。



お店特製の生パスタは、白ワインスープ仕立てのボンゴレビアンコを注文。

パスタはお店によっては具が少なく麺が異常に多いものなどもあり、そういったものが苦手なのですが、このボンゴレビアンコはアサリがたっぷりとつかわれていて、とてもおいしかったです。

お値段も880円と、内容の割にお手頃。



こちらは連れが注文した「ふわふわメレンゲのカルボナーラ」。



まだ続きます。

本日の鮮魚のグリル。
日によって内容が変わるそうです。

この日の魚は・・日が経ってしまったので、何だったか忘れてしまいました・・

白身系のあっさりとした食感のお魚です。
あっさりとしているけれど、ホワイトソースにコクがあり、添えられた野菜やポテトなどと一緒に食べると美味しいです。



そろそろお腹が膨れてきましたが、まだ食べられるという事でピザを注文。

モッツァレラチーズがたっぷり乗ったマルゲリータです。
フワフワ系のピザクラストをベースにトマトソースとモッツァレラチーズ、バジルなどを散らしたピザです。

思ったよりボリュームがありましたが、こちらもおいしかったです。
ソースが耳の方まであると、より自分好みだなと思います。



そしてラストはデザート。

パンナコッタとフルーツです。
写真はありませんが、コーヒーもあります。

パンナコッタは私がすごく好きだと思うデザートの一つ。
シンプルで、生クリームの濃厚さがしっかりと感じられるところが好みです。バニラビーンズたっぷりでとてもおいしいものでした。


この「にじいろ」と言うお店、行くにはやや不便な位置にあるのですが、来年春にはランチもスタートする予定との事。

とてもおいしかったので、また機会があれば食べに行きたいです。



という感じでおなかもいっぱいになったので、またお母さんの家へ戻っておしゃべり。
干し柿があるよという事で、あれだけ食べた後にもかかわらず食べたのですが、イマイチな干し柿でした。

というか、私は食べられない事はないなと言う感じだったのですが(そもそも、干し柿自体数える位しか食べた事がないのでおいしいものとそうでないものの区別がつかない・・)、お母さん曰く最悪な干し柿だとか・・

その後もしゃべりながらアプリで遊んだりなどしていたら、あっという間に遅い時間になってしまったので、ホテルへ戻りました。



3日目は私の実家 妹の子供の誕生日会

そして最終日。
新幹線に乗る夕方まで、今度は私の実家のほうに顔を出しました。

連れとは実家が非常に近く(偶然)、帰省も一度にできる所が楽ちんです。

ホテルの外にでたら、今度は「きときと君」と言う、富山県のマスコットキャラクターがウロウロしていました。



そのまま実家へ・・

一番下の妹の2番目の息子が誕生日という事で、誕生日会が行われていました。
お腹が空いて来るのを待てなかったそうで、既に食事中。




食事が終わってしばらくした後はケーキタイム。
誕生日の当の本人は兄弟げんかをしたのか(しょっちゅう)なぜか少し機嫌が悪かったのでですが、子供なのですぐに嫌な事も忘れて暴れまわっていました。

子どもが多くてにぎやかなので楽しいですが、男の子3人なので暴れ出すとすごいです。

ちなみに先日、1つ下の2番目の妹も男の子を出産したのでした。
男の子だらけで、さらににぎやかになりそうです。



・・という感じで夕方まで実家で過ごした後、晩の新幹線に乗るために新大阪の方へ向かいました。


ケーキやご飯など沢山食べたので晩は軽めに・・と思い、ヘルシーそうなお弁当を購入。
しかし、どれもご飯を食べるような味付けのおかずではなく、かなりいまいちな食事となってしまいました・・



食後、連れのお母さんにもらったお菓子でティータイム。

クリスマス用の焼き菓子の詰め合わせです。
特に、バターたっぷりのフィナンシェが美味しかったです。



という感じの旅行でした。

楽しかったですが、たまの旅行だからとここぞとばかり甘いものばかり食べたためか口内炎ができてしまい、その後1週間近く辛い思いをする羽目に。

既に完治していますが、まともにしゃべられない位、痛かったです。
次の旅行は食生活が乱れないように・・といつも思いますが、実現した事はありません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連する記事







サイト概要

Copyright © 2012- Dialog. All Rights Reserved.
Designed by ykr414.