日常の出来事、興味を持っていることについて書いています

歯の着色汚れを落とせるスポンジハミガキとは 本当に歯が白くなる?使用上の注意点は?



歯の着色汚れを落とすことで、歯を白くできるスポンジハミガキ。

自宅で簡単に歯の落ちにくい汚れを落とせるとあって、 比較的人気は高いのですが、本当にスポンジで汚れが落ちるのだろうかと疑問に思われた方も少なくないのではないでしょうか。

多くのスポンジハミガキは、歯の表面に付着したステインや歯垢汚れをこすり落とすことで歯をきれいにします。

歯科医院で提供しているような、強力な歯のホワイトニングほどの効果はありませんが、 価格が安いため、お金をかけずに歯の着色汚れを落としたいと考えている人には魅力が大きいのですよね。

しかし、汚れをこすり落とすということは「ピーリング」と同じ効果があるということ。 スポンジハミガキの利用で、歯が傷ついたりはしないのでしょうか?

今回は、スポンジハミガキの効果と使用上の注意点について解説するとともに、特に人気の製品をご紹介いたします。





スポンジハミガキとは

スポンジハミガキと一口にいってもさまざまなタイプがあり、一概にこういうものだとはいえませんが、 ほとんどは口腔用に特殊加工されたメラミンフォームを使用し、歯の汚れを落としていきます。

以下をご覧ください。



スポンジハミガキは「歯の表面の汚れ」のみを落とす

スポンジハミガキは、その名のとおりスポンジを利用した歯みがきグッズです。

歯のお手入れ用に特殊加工されたメラミンフォームを用い、 歯の表面をこすることで着色汚れを落としていきます。



簡単にいうと、歯の着色汚れが落ちるのはピーリング(はぎ取る)効果によるものです。

スポンジハミガキには歯のホワイトニング効果をうたった製品が多いですが、 ここでのホワイトニングとは、あくまでも歯の表面についたステイン等の着色汚れを落とすという意味であり、 歯の深部にまで及ぶ着色汚れ、黄ばみには効果がありません。

そのような汚れを落とすには、歯科医院での薬剤を使用したホワイトニングを受ける必要があります。

スポンジハミガキは歯みがきなどでは落とせない、歯の表面の着色汚れのみに活用できる製品だと考えましょう。




ポリリン酸ナトリウムを使ったスポンジハミガキが人気

スポンジハミガキには、単純に歯の汚れをこすり落とすことのみを目的としたものと、 「ポリリン酸ナトリウム」という薬剤をしみこませた製品があります。



ポリリン酸ナトリウムとは、歯科医院やエステサロンの歯のホワイトニングでも用いられることのある成分です。

といっても、ポリリン酸ナトリウム自体に歯を白くする効果はありません。

ポリリン酸ナトリウムには、汚れを吸着する作用があり、 歯科医院やエステサロンで用いられるのはその効果を期待してのものです。

当然、スポンジハミガキに使われているポリリン酸ナトリウムにもホワイトニング効果は期待できませんが、 汚れが再付着しにくくなるというメリットがあります。

ポリリン酸ナトリウムが配合されている分、普通のスポンジ歯みがきに比べると価格は若干高くなりますが、 きれいな歯を少しでも長く保ちたい方には魅力の成分だといえるでしょう。




ポリリン酸ナトリウムに害はないの?



ポリリン酸ナトリウムという化学的な名前を聞いて、体に害はないのか不安に感じる方もおられるかもしれません。

しかし、ポリリン酸ナトリウムは食品添加物として安全性が認められている成分であり、 食べものをはじめ、洗剤や歯磨き粉などさまざまな製品に使われています。

大量に体内に摂取した場合の安全性は定かではありませんが、 スポンジハミガキに使われているポリリン酸ナトリウムは少量であること、また飲み込むような類の製品ではないため、 正しく使用している限りは心配はいりません。





スポンジハミガキを利用する場合の注意点

スポンジハミガキを利用する場合に、気をつけるべき点について解説します。



頻繁に使わない

スポンジハミガキは、歯の表面を摩擦することで着色汚れを落としますが、 それは汚れを削り落としていることに他なりません。

スポンジの使い方によっては、歯を傷つける可能性もあります。



頻繁に使用したり、力を入れてゴシゴシこするような使い方をするのは避けましょう。

製品にもよりますが、多くとも1週間に1回程度使用していれば汚れがたまることはありません。 製品パッケージに記載された使い方を守りましょう。




差し歯などの人工歯には使わない

大抵の製品に注意書きがあると思いますが、差し歯などの人工歯にはスポンジハミガキを使用してはいけません。



1つ前の項で、スポンジハミガキは使い方によっては歯を傷つける可能性があると述べましたが、 人工歯もこすると傷がつきます。

表面の素材が削られ、歯らしいつやがなくなってしまう恐れがあるため、 人工歯がある部分は避けて使うようにしてください。




歯用ではないメラミンフォームを使うのはNG

一時、市販されている掃除用のメラミンフォームで歯を白くできる、なんて噂がネット上に広まりました。



掃除用のメラミンフォームとは、例えば百円ショップなどで買える「●落ちくん」のようなメラミンフォームです。

ハミガキスポンジに用いられているのもメラミンフォームですから、 実際に試してみようと思った方がいてもおかしくはないでしょう。



ただ、スポンジハミガキに使われているメラミンフォームは、掃除用などに売られているメラミンフォームとは異なり、 歯を傷つけることのないように特殊加工が施されているのですよね。

一方で掃除用のメラミンフォームは、スポンジハミガキに使われているものよりも硬く目が荒いため、こすれば簡単に歯が傷つきます。

歯の表面の着色汚れだけではなく、歯の表面のエナメル質まで削り取ってしまう恐れがあるんです。

歯質にもよりますが、掃除用のメラミンフォームを歯に使うことで知覚過敏になったり、 最悪歯が弱くなって欠けてしまうこともあるかもしれません。

歯には、スポンジハミガキとして売られているメラミンフォームを使用しましょう。





スポンジハミガキ どんな製品が人気?

スポンジハミガキと言ってもさまざまなタイプがありますが、特に「ポリリン酸ナトリウム」を配合した製品が人気のようです。

以下、人気の高い製品をあげてみました。



ミュゼホワイトニング ポリリンキューブ

デンタルエステサロン向けに開発されたホワイトニングケアを、スポンジハミガキで手軽に利用できるようにした製品です。

歯のお手入れ用に特殊加工を施したメラミンスポンジを使用しているため、歯を傷つけません。 またコーティング効果を持つポリリン酸を配合しており、汚れを落とすだけではなく再付着しにくくします。

水が必要ないこと、また持ち運び可能な個包装であるため、外出先でも気軽に利用できるところが使い勝手の良いアイテムです。




歯を白くするsu・po・n・ji

歯学博士が開発した、特殊素材のメラミンフォームを使用したスポンジハミガキです。

メラミンフォームに水をつけて軽く歯をこするだけで、 0.2ミクロンの超極細繊維が歯の表面に付着した汚れを除去し、歯本来の明るさへ戻します。

薬品や研磨剤は不使用。
添加物等が気になる方におすすめの製品です。




リジェンティス キューブホワイト

歯面専用のメラミンフォームを使用した、着色汚れを落とすためのスポンジハミガキです。

軽くこすることで歯の表面の汚れを落とせるだけではなく、 あらかじめ含ませたポリリン酸ナトリウムによって汚れが再付着するのを防ぎます。

水が要らないこと、また使い切りの個包装であるため使う場所を選びません。





とりあえずの汚れ落としには便利なアイテム

スポンジハミガキは、あくまでも歯の表面の汚れのみを落とすケアアイテムであるため、 歯の内部まで染み込んだ着色汚れや、長年の歯の黄ばみを白くすることはできません。

なので、どのような歯の汚れでも落とせるというわけではありませんが、 コーヒーやお茶をよく飲むために歯が汚れやすい人には便利なものです。

歯科医へ行くまでのとりあえずの汚れ落としとして、常備しておくと重宝するはずです。

なお記事中でも述べましたが、くれぐれも使い方には気をつけましょう。 強くこすったり、頻繁な利用は歯に負担がかかる恐れがあるためおすすめできません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連する記事




サイト概要

Copyright © 2012- Dialog. All Rights Reserved.
Designed by ykr414.