日常の出来事、興味を持っていることについて書いています

大学で使った教科書や参考書を高く売るには? 業者によっては結構高く売れるかも…



大学生の時に使った教科書や参考書、どうしましたか?
受験や授業で使ったあとの用済み教科書・参考書って、あまり使い道ありませんよね。

読み返すことはまずないですし、じゃあブックオフに売れば良いのでは?と持っていったはいいけれど マーカー線などが入っているものは買取不可だったり、値段がついてもものすごく安かったり…。

教科書ってもともとは結構高いものなのに、 全くお金にならなくて残念な思いをした方は少なくないでしょう。

いっそのこと、捨てた方がマシかも?
わざわざブックオフや古本屋に重い本を運ばなくても良い分、楽です。



…なんてことを考えている方に知ってもらいたいのが、教科書や参考書の専門買取サイト。

通常では買い取ってもらえない、また買い取ってもらえたとしても査定額が驚くほど安い教科書を、 高額買取してくれる教科書買取の専門店が存在するんです。

もちろん買い取ってもらえない場合もありますが、なかには驚くほど高額で買い取ってもらえる教科書もあり、 使わなくなった大学教科書を売るのなら、とりあえず教科書買取の専門店をあたってみることです。

しかし、どのお店に買い取ってもらえばよいのか?
以下で詳しく解説いたします。





ブック○フは手軽ではあるけれど…



本を売るというと、ブック○フを思い浮かべる方は少なくありませんよね。

私自身、ブック○フでよく本を買いますし、読み終わったらまた売りに行く…なんてことを繰り返していますが、 正直ブック○フの買取額は非常に低いです。

本にもよりますが、1円なんてのはざらにあります。
しかしまだ読める本を捨てるのもしのびなく、どうせ行くついでだと思って寄付感覚で持って行っています。

それでも手軽だから売る人が多いのですが、もし大学の教科書や参考書をブック○フで売ろうと考えているのなら、 もったいないので考え直しましょう。



そもそも買い取ってくれない可能性が高い



学校で使った教科書って、高い確率でマーカー線が入っていたり書込みがあちこちにあったりしますよね。

ブック○フや多くの古本屋では、そういった書込みやマーカー線がはいった教科書は買い取ってくれません。 処分するという名目で「ただ」で引き取ってくれることはありますが、そういう本は1円にもならないんです。

大抵の方は、また重い本を持ちかえるのが面倒だという理由で、そのまま引き取ってもらうことが多いのではないでしょうか?

大学教科書は、ものによってはかなり高く売れるかもしれないのに、ものすごくもったいないです。




買い取ってもらえても、教科書の査定額は安い



書込みもマーカー線もなく、きれいな状態の教科書であれば、ブック○フでも買い取ってくれることはあります。

まだ比較的新しく、需要がありそうな教科書や参考書であれば、1冊100円以上で買いとってもらえることもあるかもしれません。

しかし、教科書類はブック○フではあまり高く評価はされないため、全体として安い買取額になりやすいです。 特に辞書類は場所を取る割に需要がないため、10円20円なんて価格はザラ。

例えば20~30冊という大量の本を売ったとして、1000円超えればよいほうではないでしょうか。



それでもお金になるのなら捨てるよりまし…なんていう方も少なくないと思いますが、 大学教科書は、専門の買取業者に売ればもっと高く買い取ってもらえる可能性があります。

売るのならブック○フではなく、教科書専門の買取業者にお願いしましょう。





教科書専門の買取業者なら高く売れる



ブックオフの買取額が安くてもついつい利用してしまうのは、手軽に売れるから。

店舗があちこちにありますし、本の数が多ければ引取りにも来てくれます。 手間がかからない分、安くても良いかななんて思ってしまうんですね。

一方で、教科書専門の買取業者は高く引き取ってくれるかもしれませんが、なんとなく利用しづらいイメージがあります。

やり取りに手間がかかるのではないだろうかとか、本当に売れるのだろうかなんて考えると、面倒になってしまう方も少なくないでしょう。




しかし、教科書専門の買取業者に教科書を売るのは、ブック○フに本を売るくらい簡単です。

大抵の業者はサイトで手続きをしたあと、売りたい教科書や、身分証明のための免許証や学生証等のコピーなどをダンボールに入れて送るだけ。

ある程度の冊数以上であれば、送料を負担してもらえることがほとんどであるため、その場合は送料の負担もありません。

業者によって手順は異なりますが、査定がすんだらその代金を振り込んでくれます。

査定額が高いか低いかは本の状態や内容にもよりますが、 ブックオフや一般的な古本屋よりは、確実に高額で買い取ってもらえるはずです。

また万が一買取できない本があった場合も、本の処分方法を指定できますので、あとあと余計な手間がかかることはありません。

教科書を捨てよう、もしくはどこかで売りたいと考えているのなら、教科書買取の専門業者に査定してもらうのがおすすめです。





大学教科書や参考書を売りたい!おすすめの買取業者は?



教科書や参考書を売るなら、専門の買取業者を利用した方がお得だということはわかったけれど、一体どの業者を利用したら良いのかわからない。

そんな方のために、おすすめの買取業者をまとめてみました。

業者によっては、対象となるのは大学の教科書だけだったり、教科書や参考書だけではなく予備校のテキストを引き取っている所もあるなど、 買取対象となる本が異なります。

自分が売りたい教科書にあった業者を選ぶようにしましょう。



専門書アカデミー 査定額が高い

専門書アカデミーは、大学の教科書や参考書、医学書、資格教材など、専門書の買取を行っている業者です。

特に専門的な書籍であれば、比較的高額に買い取ってもらえます。

キャンペーン時、査定額をアップしていることがあるため、その時をねらって査定に出すのがおすすめ。通常よりも高く査定してもらえます。

送料に関しては、10冊以上送付で無料。
利用のハードルが低い買取業者です。

・10冊以上送付で無料
・配送用段ボールは申し込めばもらえる
・一部、ISBNコードがないものでも買い取りが可能
・査定額がアップするキャンペーンを良く実施している(公式ページを確認)
※ 上記は2017年12月確認。変更されている可能性があります。



学参ブックス 資格教材や小中高の一部受験参考書も可

学参ブックスでは、教科書以外にも、参考書や予備校テキスト、資格教材、さらには小中高の受験関係の参考書なども一部買取対象としています。

なんでもかんでも引き取り可能というわけではありませんが、幅が広く売りやすい業者です。

ただし、送料を無料にするには20冊以上を買取に出す必要があります。
20冊未満だと、送料を負担しなくてはならないため、ご注意ください。本って重いので、送料が高くなりやすいんですよね。

売りたい教科書がたくさんある場合におすすめの業者です。

・20冊以上で送料無料
・配送用の段ボールは申し込めばもらえる
・一部、ISBNコードがないものでも買い取りが可能
・出版されてから1年以内の本は、最低買取価格保証付き
※ 上記は2017年12月確認。変更されている可能性があります。



BOOKRIVER 買取対象となるジャンルの幅が広い

BOOKRIVERも専門書や医学書、ビジネス書などの買取を中心に行っている買取業者ですが、 買取対象となる本のジャンルが広く、一般的な業者では買い取ってもらえない本でも買い取ってもらえることがあります。

また、本を送る前に事前に迅速査定を行い、おおまかな査定額を出したうえで本を送ることができる点もこの業者の特徴。

例えば、不要な小中高の教科書があるけれどどこにも買い取ってもらえない…なんて場合に、 試しに査定に出してみると良いでしょう。(小中高の教科書って、専門業者でも買い取ってもらえない事が多いのです)

状態がよければ買い取ってもらえる可能性があります。

・事前の迅速査定が¥2000を超える場合、送料無料
・小中高の教科書・参考書も買い取ってもらえる
※ 上記は2017年12月確認。変更されている可能性があります。




自分が売りたい本にあった業者を選ぼう



教科書専門の買取業者と一口にいっても業者ごとに特徴は異なり、 ある業者では買い取ってもらえないものでも、別の業者では高価買取してもらえる場合があります。

どうせ売れないだろうとあきらめず、いくつかの業者をあたってみることをおすすめします。

あと、たいていの業者ではある一定量以上の本を査定に出す場合、 送料が無料となることが多いのですが、送った本を返送してもらう場合の返送料はユーザー負担です。(もしくは処分してもらうか)

売れるか売れないかわからない本を買い取ってもらう場合には、 事前に大まかな査定を行ってもらえる業者を利用するか、査定に出す前に業者に本の種類を伝え、 買い取ってもらえるかどうかを尋ねてみるのが安心です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連する記事







サイト概要

Copyright © 2012- Dialog. All Rights Reserved.
Designed by ykr414.