日常の出来事、興味を持っていることについて書いています

クリスマスも肉 またまたOld Manhattanの熟成肉を食べに行く

連れの誕生日にも訪れた熟成肉のお店「Old Manhattan(オールドマンハッタン)」へ、またまた出かけてきました。

今回はクリスマスの食事です。

最初はどこか別のお店へ…と思っていろいろ探してみたのですが、これが食べたいと思うお店がなかったので、またこちらに訪れたのでした。

おなかが空くと、お肉が食べたくなるんですよね。



今回は氷温熟成のステーキを注文

以前はハンバーグとステーキのセットを頼んだのですが、今回はステーキのみのメニューを注文しました。

私は氷温熟成テンダーロインのステーキ、連れはドライエイジングの肩ロースと、氷温熟成のテンダーロインのステーキセットです。

ちなみに、ドライエイジングも氷温熟成のお肉も「熟成肉」ではありますが、熟成の行程が異なるのだそうです。



サラダやドリンクがついています。
前回アイスウーロン茶を頼んで冷えるといっていたのにもかかわらず、またアイスウーロン茶を頼んでしまいました。




こちら、氷温熟成テンダーロインのステーキです。
付け合せは、ザワークラウトとマッシュドポテト。

ザワークラウトは、お肉の口直しにちょうど良い酸味でおいしいです。

プレートにステーキ用のソースが添えてありますが、私はソースよりも、卓上に置いてあった岩塩をつけて食べるほうが好きです。



カットしたところ。
ミディアムで焼いてもらいました。

このお肉なら、しっかり火を通しても柔らかいんじゃないかと思います。



こちらは連れの食べたステーキ。
ドライエイジングの肩ロースと、氷温熟成のテンダーロインのセットです。

柔らかくておいしそう。
写真を見ていると食べたくなってきます。



ブールミッシュのケーキ

誕生日に続き、クリスマスケーキもホールではなく、カットケーキを数個買って帰りました。

ホールは見た目に豪華なところがよいですが、カットケーキほうがいろいろな種類のケーキを一度に食べられるので、楽しいんですよね。




定番の苺のショートケーキ。
一応カットケーキのほうも、クリスマス仕様になっていました。

いろいろ凝ったケーキも楽しいですが、はずれなく美味しいのはこれかなと思います。




こちら、チョコレートケーキ。
トッピングのチョコレートが、板チョコのミニチュアっぽくてかわいらしいです。

チョコレートクリームがたっぷりで、食べごたえがありました。



連れは、私と同じ苺のショートケーキと、上写真のチーズケーキ(正確な名前は失念)をセレクト。




ブールミッシュのケーキとは別に、モロゾフでプリンを購入していたので、そちらは翌日にいただきました。


プリンもクリスマス仕様。



クリームの味が強いとろとろプリンで、結構量がありました。
プリンも苺のショートケーキと同様、どこで買ってもあんまり当たり外れがなくておいしいデザートだなと思います。




という感じのクリスマスでした。

昨年と、その前の年のクリスマスケーキは手作りしましたが、もう今年はいろいろと忙しくてその気力がなく…。別に絶対に必要なものじゃないのですが、なんとなくクリスマスの雰囲気を楽しみたいというか、ケーキは食べたいんですよね。

来年は、気が向いたらつくるかもしれません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連する記事







サイト概要

Copyright © 2012- Dialog. All Rights Reserved.
Designed by ykr414.