日常の出来事、興味を持っていることについて書いています

荻窪のアジアンキッチン「クマル」 でインドカレーのセットを食べた サービス満点のお店

今日(9月27日)は連れが仕事の都合で早く帰ってくるというので、 荻窪にあるアジアンキッチン クマルというインドカレーの専門店に晩御飯を食べに行きました。

アジアンキッチン クマルは杉並公会堂のすぐ近くにある小さなお店で、以前一度だけ訪れた事があります。 私はカレーはそれ程好きではないのですが、たまに無性に食べたくなるのです。

今回も、AKIBA PC Hotline!に掲載されていた本格インドカレー店の紹介記事を読んで、
熱々のナンがどうしても食べたくなってしまったので、久々にカレーを食べる事にしました。




ランチは17時までと比較的遅くまでやっています。
晩は23時までです。





まだ少し早めの時間だったからなのか、店内は殆ど人がいませんでした。
好きな席に座っても良いとの事だったので、一番奥のテーブルに座る事にしました。
(ライトがそこだけ明るめで、写真を撮りやすいのでね)

席に着き、早速メニューを見ます。

以前訪れた時には「クマルセット」というカレー3種を選べるセットメニューを注文したのですが、ものすごく量が多くて苦しくなってしまった記憶があるので、今回はカレー2種を選べる「ベジタブルセット」を注文。

ベジタブルセットはデフォルトではほうれん草パニールと、
ミックスダルカレーがついていますが、好みのカレーに変更する事ができます。

といってもカレーだけでも、野菜系やチキン系、マトン系、シーフード系など沢山の種類が提供されているのでかなり迷ってしまうのですが、迷いに迷った末、ミックスダルカレーをバターチキンカレーに変更。

あと辛さは1~5辛まで選ぶ事が出来るのですが、少し前に胃腸の調子を悪くしたところなので控えめに2辛で注文しました。




セットにはソフトドリンクが付いてくるので、インドカレーっぽくラッシーを頼みました。





注文して殆ど待つことなく、ラッシーとサラダが運ばれてきます。

ラッシーはヨーグルトをベースに作られた飲み物。
トロっとしていて、これだけでも結構お腹にたまります。




サラダはかなりボリュームがあって美味しいです。
セットメニューによくある、飾り的なサラダとは全く違って量が多いです。




サラダを食べ終わる頃に、メインメニューが運ばれてきます。

ナンがやたら大きいです。
さらに焼き立てで熱いので触るとやけどしそうです。




ご飯も付いてきます。
ご飯は日本のお米でした。

日本のお米は美味しいですけど、こういったカレーには、
タイとかインドのぱらっとしたお米の方があうように思います。(私はそっちの方が好きです)




これはバターチキン。




その名の通り、チキンとバターが入ったカレーでトマトの味がします。
全く辛味が感じられず、バターのせいか甘いです。




そしてこちらはほうれん草パニール。
ほうれん草とパニールというチーズのカレーです。




バターチキンよりも辛味があって美味しいです。

ただ、パニールというチーズは、チーズというよりも
水気の少なくなった豆腐のような味と食感で、私は余り好きではありません。




こっちは連れの。
といっても私と同じベジタブルセットで、カレーは変更せずデフォルトのままで注文しています。

デフォルトのカレーは、ほうれん草パニールとミックスダルカレーです。
ミックスダルカレーを少しもらったのですが、同じ2辛なのに少し辛めに感じられました。




一応セットのメニューはここまでなのですが、
サービスで食後にチャイを用意してくれるというのでお願いする事に。

食べてすぐ、熱々のチャイが運ばれてきました。
既にこの時点でお腹が苦しかったのですが、暖かいチャイは美味しかったです。

しかし、本当にお腹が苦しいです。

私は普段、食事時はあまり水分を摂らないのですが(おなかが膨れてしまうので)、
この時はラッシーを飲んだ上にチャイを飲んだので苦しくて当然かもしれません。



という感じの久々のインドカレーでした。

ここの店員さんは非常に丁寧で、常にお客の事を気にかけています。
日本語もとても上手で、日本人よりも丁寧な日本語を話すのでは?と思うくらい。
(そのせいで、料理を残しにくかったりはするのですが)

私がカレー好きならしょっちゅう行くかもしれません。
ですが、お腹いっぱいで満足したので、もう当分カレーはいいです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連する記事







サイト概要

Copyright © 2012- Dialog. All Rights Reserved.
Designed by ykr414.