日常の出来事、興味を持っていることについて書いています

新大久保の「でじにらんど」でサムギョプサルを食べた

先日、新大久保で韓国料理を食べようと思い出かけてきました。

訪れたのは「でじにらんど」という、どこかで聞いたことのあるような名前の韓国料理専門店。
新大久保の駅から歩いて2~3分程度の場所にあります。

本当は別の店に行こうと思っていたのですが、あいにくこの日は休日でどこも混んでおり、
仕方なく帰ろうとしていた所でたまたま見つけたお店です。




JR新大久保駅。
休日になると恐ろしいくらい混雑します。

前はこれほどひどくなかったような気がするのですが・・




ここが「でじにらんど」です。
JR新大久保駅を出て、大久保駅方面に2~3分歩いたところにあります。

デジは韓国語で豚の意味なので、豚の国って事でしょうか。

丁度ご飯時でしたが、でじにらんどは賑やかな場所とは別の方向にあるため、
待つ事なくテーブルに着くことができました。




焼肉を頼みます。

サムギョプサルと決めていたのですが、メニューには普通のサムギョプサルと、
こまかく切れ目を入れたボルジップサムギョプサルがあったので、それぞれ一人前ずつ注文。

なお、日本の店だとこのほかにも色々と頼むところですが、
韓国料理の店は肉を頼むとおかずが色々と付いてくるため、とりあえず様子を見ます。
(そうじゃないと、ものすごい量の料理が来て食べ切れない事があるので)




おかずが数品と、サンチュやえごまの葉などが運ばれてきました。
サンチュなどの葉っぱ類のお代わりは有料ですが、その他のおかずはお代わり自由です。

新大久保の韓国料理店には、サンチュなどの葉物がお代わり自由だというところが結構あるので、
この部分だけイマイチかもしれません。といっても、葉っぱは結構量があります。




豚肉が運ばれてきました。
キムチも隣で焼きます。




調理は全部店員の方がやってくれるので、おかずを食べながら焼けるのを待ちます。
(お店によっては、自分で焼かなくてはならないところもあるのですが、大抵の店はやってくれます)




火が通ったら、食べやすいようにはさみでカットしてくれます。




サンチュやえごまの葉に、焼いた豚肉やキムチ、サムジャン、おかず類を適当に巻いて食べます。
韓国料理は野菜が沢山取れるところが好きです。

肉は脂肪分の多い部分ですが、しっかり焼いて脂が落ちているため、結構さっぱりしています。
ごま油としおをつけて食べても美味しいです。





肉を食べた後、チャーハンを頼む事にしました。
トッピングは卵。

肉の脂が残った鉄板で、店員の方が素早くチャーハンを作ってくれます。
赤いのはケチャップなどではなく、コチュジャンです。




最後、なぜかハート型に模って完成。
なんか韓国らしい・・




どちらかというとチャーハンというよりは、
調味料などの水分が多くて混ぜご飯って感じですが、辛くてコクがあって美味しいです。

結構辛いのですが、卵のおかげでまろやかな味です。



という感じで、お腹がいっぱいになりました。
韓国料理は鍋も豊富なので、寒くなったら鍋を食べに行きたいです。

でじにらんどの詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連する記事







サイト概要

Copyright © 2012- Dialog. All Rights Reserved.
Designed by ykr414.